伊藤詩織さん 被害前と変わらず夢追い、笑顔で生きる

日経ウーマン

フリージャーナリストの伊藤詩織さん
フリージャーナリストの伊藤詩織さん
日経ウーマン

「レイプ被害前と変わらず夢を追い、笑顔で生きていい」「夢をかなえることで女性を勇気づけたい」「経験を告白することで社会のあり方を変えたい」――。フリージャーナリスト伊藤詩織さんが、自身に起きた出来事を巡り刑事事件では不起訴になった後、日経WOMANの2018年5月号で語った約1年半前の言葉だ。そして19年12月18日、損害賠償を求めた民事訴訟で東京地裁が勝訴判決を下した後の会見でもその言葉通り笑顔を浮かべ、また被告の会見にジャーナリストとして挑んだ伊藤さん。その言動は、確実に社会を動かす力となっている。

◇  ◇  ◇

アメリカに端を発する、自身のセクハラ被害を告白することで、女性への性被害を可視化し団結を促す「#MeToo」運動が、今、日本でも語られ始めている。そのきっかけをつくったといわれるのが、フリージャーナリストの伊藤詩織さんだ。

伊藤さんは、17年5月に司法記者クラブで会見。「元TBSワシントン支局長からレイプ被害を受けて警察に被害を届け出たが、一度は発行された逮捕状が警察上層部の判断により取り消されたこと、事件の不起訴処分を不当として、検察審査会に申し立てを行ったこと」などを報告した。会見後、日本の#MeTooの“先導役”と注目されたが、素顔は、自身いわく「ようやくスタートラインに立てたばかり」の、フリーの映像ジャーナリストだ。

ジャーナリストを目指し、ニューヨークの大学で学んだ後、ロイター通信の日本支社でインターンとして働き始めた。「いずれはフリーになりたいと思っていましたが、両親から、『2年間は会社勤めをしなさい』とアドバイスされて。就職先を探すなかで、ニューヨーク在住時に一度お会いした、TBSのワシントン支局長を思い出しました」。テレビ局の海外支局での現地採用の道を探れないか。そんな就職相談をする過程で、事件は起きた。

「レイプ被害もショックでしたが、同じくらい、逮捕状が取り消されたことが衝撃でした。また、病院で検査したり、警察で証言したりする過程で、被害に対する理解の低さ、被害を受けた際に必要な情報の少なさを思い知りました。会見を行ったのは、個人の告発が目的ではなく、法律や社会のあり方を変えたい思いからです」

注目記事
次のページ
どんな被害を受けても『変わらない自分』を大切に