Windows7のサポートが終了 10への移行どうやる?

日経PC21

1月14日にウィンドウズ7のサポートが終了する。1月14日を過ぎたら利用を控えるのが賢明だ。12月上旬現在、7を起動すると警告が頻繁に表示される

2020年1月14日にWindows7のサポート期間が終了する。19年12月上旬現在、7パソコンを起動すると、上のように警告画面が大きく表示される。この警告を無視してサポート終了後も使い続けることは可能だが、あまり賢明ではない。XP終了のときと同様に、今後はアプリなどの7対応が打ち切られていくからだ。最新のアプリや周辺機器、ウェブサービスなどが使えない状況に陥ってしまう。

今後はウイルスに無防備に、最新のアプリも使えない

サポートが切れた7にはセキュリティーの更新も提供されない。新種のウイルスや詐欺サイトなどに対して無防備状態になってしまうので、使い続けるのはかなり危険だ。サポートが切れる前に是が非でもウィンドウズ10に移行したい。

XPのときと同様、サポート期限を過ぎるとアプリや周辺機器が次第に7をサポートしなくなるはずだ。また、セキュリティーの更新も原則提供されないので、ウイルスの感染などの危険が高まる。早急に10に移行しよう

10を手に入れる方法は大きく2つ。現在使っている7搭載パソコンを10にアップグレードするか、新たに10パソコンを購入するかだ。お勧めは前者のアップグレード。その方法には、7の個人データやアプリをそのまま10に引き継げる「上書きアップグレード」と、まっさらな状態の10にする「クリーンインストール」がある。他人に譲渡するなど特別な理由がないならば、前者をお勧めする。OSを入れ替えるだけなので、手間はそれほどかからない。

現在の7パソコンでOSを10にアップグレードするか、新品の10パソコンを買うか、2つの選択肢がある。7の個人データをそのまま引き継げる前者がお勧め

10にすると遅くなる? いえいえ、起動は高速に

最新OSは見栄えが良くて機能も増えているためか、「古いOSよりも動作が重い」と思い込んでいる人もいるかもしれない。だが、ウィンドウズは8から高速起動の機能が盛り込まれており、上書きアップグレードの前後で起動時間を比べると、10のほうが速い。また、ディスクやグラフィックスの速さを計測する総合ベンチマークソフトで比較しても、アップグレードの前後で差はほとんどなかった。

2011年発売の7パソコン(富士通「FMV LIFEBOOK AH77/C」)を10にアップグレードする前と後で動作速度を測った。高速スタートアップ機能を持つ10は起動時間が短くなる。「CrystalMark 2004R7」はベンチマークテストだが、スコアはほぼ同じだった

1月中旬の7終了に続き、ウィンドウズ8.1も23年1月にはサポート期間の終了が予定されている。一方、10は現在のところサポート終了の予定がないので、7からOSを乗り換えるなら10一択だ。

7のサポート期間が切れると、それまで定期的に配布されていたセキュリティー関連の更新プログラムや有償サポートも一切なくなる。有償の企業向け延長セキュリティーアップデート(ESU)は23年1月まで引き続き提供される予定だが、個人の利用は想定されていない。なお、XP終了のときを振り返ると、甚大な被害が予想されるセキュリティー関連の更新だけは今後も例外的に提供されると思われる。

7の延長サポート終了とともに、アプリや周辺機器も7のサポートを次第に打ち切るだろう。トレンドマイクロなどはすでに7のサポート終了日を告知している

一般にOSのサポート期間が終了すると、アプリや周辺機器、ウェブサービスなどの対応も徐々に減っていく。すでに7対応の終了日を予告しているメーカーもある。10は現在のところ、後継OSやサポート終了の予定がなく、11月には最新版の「ノベンバー2019アップデート」が無償配布され始めた。

現在のところウィンドウズ11など10の後継OSは予定されておらず、10は年2回の大型アップデートで機能の追加や不具合の修正を行うとしている。大型アップデートを適用し続けていれば、10のサポートが切れる心配はない

ダメモトで試してみよう、問題があっても元に戻せる

7パソコンの動作速度などに不満がないなら、前述したようにアップグレードを検討しよう。条件次第では無料で利用でき、問題があったら7に戻すことも可能。パソコンメーカーが10へのアップグレードを保証していない機種でも試す価値はアリだ。

10を導入する際はまず、パソコンやアプリ、周辺機器の対応を確認。非対応なら自己責任となる。10を無料で利用する権利がなければ、ライセンスの購入が必要だ。予算があるなら、パソコンを買い替えるのが一番手っ取り早い

以前に実施されていた無償アップグレード期間中に一度でもアップグレードした7パソコンなら無料。無料の条件はほかにもあるが、ダメモトで一度試してみることをお勧めする。

なお、10では7にあった機能の一部が省かれている。必要ならフリーソフトなどで補おう。パソコンに付属のオフィスソフトは10にアップグレードしても引き続き利用できる。ただし、オフィス2010は20年10月にはサポートが切れる。10へのアップグレードや買い替えを検討するときは、それも念頭に置こう。

オフィス2010も2020年10月13日にサポートが終了する。もし使用中なら、追ってそちらのアップグレードも迫られる。オフィス365への切り替えや、最新オフィス付き10パソコンの購入などを検討しよう

5万円モデルでも快適に動作、メモリー容量とSSDがカギ

最新の10パソコンは最安値なら2万円台から、そこそこの性能の機種でも5万円台から購入できる。10万円も出せばかなり高いスペックの機種が手に入る。

10のハードウエア必須要件は意外と低く、低価格パソコンでも快適に動作する。とはいえ、もし購入するなら体感速度に直結しやすいメモリーの容量とSSDの搭載は重視したい。なお、低価格パソコンの一部は、10の「Sモード」を搭載する。これは機能限定版の10だが、簡単な操作で通常の10に変更できるので購入時は気にしなくてよい。

メモリー容量が多くてSSDを搭載する機種であれば、CPUなどのベンチマークテストの結果が芳しくなくても体感速度はかなりいい。5万円台のパソコンでも起動はかなり速かった。買い替える際はSSDやオフィスソフトも考慮して検討しよう。

[日経PC21 2020年2月号掲載記事を再構成]

注目記事
今こそ始める学び特集