予約の半分は新規客 ポルシェ初EVはテスラを超えるか

ポルシェ初のピュアEV「タイカン」。開発エンジニアを小沢コージ氏が直撃した
ポルシェ初のピュアEV「タイカン」。開発エンジニアを小沢コージ氏が直撃した

止まらぬクルマの電動化。特にドイツ勢の勢いはすさまじいものがあるが、ついにあのポルシェも初のピュアEV(電気自動車)、「タイカン」を発表した。2ドアスポーツではなく、4ドアセダンなのはなぜなのか? ウワサ通りテスラを脅かす「テスラキラー」なのか? 小沢コージ氏が上海で開発エンジニアのオットマー・ビッシェ氏に話を聞いた。

ルマン育ちのEV技術をタイカンに投入

小沢コージ(以下、小沢):ついに登場したポルシェ初のピュアEVタイカン。一体どこがすごいのでしょうか。

オットマー・ビッシェ(以下、ビッシェ):まず充電方式がほかと違います。800Vの高圧充電システムを導入しているんです。

小沢:それ、気になっていたんです。たいていはどんなに高くても400V程度ですよね。一体どんなメリットがあるのですか。

ビッシェ:非常にシンプルです。電力の勉強をした人なら誰でも分かりますが、電圧が高い分、同じ電力を移動させるのに電流が少なくていいのです。その分ムダがなく効率が良くなりますし、電線も細くてすむ。電力システムを軽くシンプルにできるんです。

小沢 反対にどこが難しいのでしょう?

ビッシェ 電気の世界では、一般に直流で750Vを超えるものを高圧といい、取り扱う人はトレーニングを受けなければいけません。システムのカバーを1つ当てるのにも研修を受けなければならない。

小沢 なぜポルシェはその世界に踏み切れたのでしょう。

ビッシェ 1つはレース経験があります。ポルシェはルマン24時間レースの最高峰クラスであるLMP(ル・マン・プロトタイプ)車両に、長い間800Vの充電システムを使ってきました。そこでメリットを試すとともに、信頼性を培ってきたんです。

小沢 ビッシェさんはずっとポルシェでルマン用ハイブリッドマシンの開発をしてきたと。

ビッシェ ポルシェには2012年に来ました。それ以前はメルセデスで15年間電動車の研究開発をしていました。メルセデス初のハイブリッド乗用車「S400」は私の担当です。

小沢 すごいキャリアじゃないですか。つまりスーパースポーツ「918スパイダー」やルマンで優勝した「919ハイブリッド」も開発したんですね。

ビッシェ そうです。

次のページ
猛威の加速を繰り返し実現