フランス映画を変えた アニエス・ヴァルダ珠玉の3本恋する映画 『ラ・ポワント・クールト』『ダゲール街の人々』…

les creatures-marilou parolini (c) varda estate
les creatures-marilou parolini (c) varda estate

2019年は、令和という新しい時代の幕開けとなりましたが、いっぽうでこれまで時代を作ってきた著名人たちとの別れも多くありました。その一人が、今年3月にこの世を去った女性監督アニエス・ヴァルダ。フランスのみならず、世界中の映画ファンから愛されていたヴァルダですが、そんな彼女の魅力に迫ることができる特集上映『アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画』が現在開催されています。

映画界に革命を起こした伝説が生まれた瞬間

今回上映されるのは、1954年に長編劇映画デビューを飾った『ラ・ポワント・クールト』、75年製作の傑作ドキュメンタリー『ダゲール街の人々』、そして最新作であり最後の作品となってしまった『アニエスによるヴァルダ』の3本。過去の2作品も、日本での劇場初公開という貴重な機会となっています。

『ラ・ポワント・クールト』は、ヴァルダが26歳のときに自主制作した作品。母親の故郷であり、自身も幼いころに過ごしていたフランス南部にあるセートという漁村を舞台に、ある一組の夫婦と地元の人々による2つのエピソードを軸に描いた物語です。夫婦を演じたプロの俳優以外は素人を起用し、それぞれのテイストも変えるなど、まるで違うストーリーを交互に映し出していますが、それによってどちらか1つだけを描いた映画では味わえない感覚で作品のなかへと引き込まれていくこととなります。

それまで写真家として活動していた彼女ですが、驚くことに当時はあまり映画の知識もないまま撮影に挑んだのだとか。とはいえ、彼女の特出した才能と感性により生み出された傑作は、それまでのフランス映画とは一線を画す作品に。その後、「ジャン=リュック・ゴダールやフランソワ・トリュフォーらによって起こされたヌーベルバーグも実はここから始まった」と言われているだけに、映画史を語るうえでも見逃せない1本です。

『ラ・ポワント・クールト』 (c) 1994 AGNES VARDA ET ENFANTS
注目記事
次のページ
ヴァルダにしか撮れなかった景色に心が動く