日経Gooday

肩から全身にかけての筋弛緩法

【椅子に座って行う「肩」の筋弛緩法】

1.椅子に座り、両腕を伸ばし、手のひらに力を入れながら握り、肩をすくめて力を入れる。6~7割程度の力を5秒、手や肩に入れる。

2.一気にストンと力を抜く。脱力した状態で10秒キープ。これを2~3セット繰り返す。

【椅子に座って行う「両手伸び」の筋弛緩法】

1.椅子に座り、手を握りながら、両腕を上に伸ばし、肩を持ち上げる。6~7割程度の力を5秒、手や肩、腕に入れる。

2.一気にストンと力を抜く。脱力した状態で10秒キープ。これを2~3セット繰り返す。

【立って行う「全身の伸び」の筋弛緩法】

1.両足を肩幅に開いて立ち、両手を握りながら、両腕を上に伸ばし、かかとを持ち上げていく。6~7割程度の力を5秒、全身に入れる。

2.一気にストンと力を抜く。脱力した状態で10秒キープ。これを2~3セット繰り返す。

(ライター 松尾直俊、イラスト 内山弘隆)

中野ジェームズ修一さん
スポーツモチベーションCLUB100技術責任者/PTI認定プロフェッショナルフィジカルトレーナースポーツモチベーションCLUB100技術責任者、PTI認定プロフェッショナルフィジカルトレーナー。元卓球選手の福原愛さんなど多くのアスリートから支持を得る。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナーとして活躍。最新刊は『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP社)。

[日経Gooday2019年12月18日付記事を再構成]

女性が医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本

著者 : 中野ジェームズ修一
出版 : 日経BP
価格 : 1,404円 (税込み)

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント