どれだけ知ってる? ナショジオで学ぶネズミトリビア

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

令和となって初めてのお正月はウキウキしますよね。今年の干支は「子」つまりネズミです。子年の景気や事件にまつわる話は、ほかで紹介されていると思うので、ここではナショジオが注目したネズミに関する興味深い記事を紹介しましょう。新年会のネタにでもお使いいただければ幸いです。

なぜ嫌われる?

ジョージ・M・サットン鳥類研究センターのクマネズミ(Rattus rattus)(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

人のあるところにネズミあり――ナショジオ2019年4月号の都市の大特集号で取り上げられた「都会のネズミたち」。この記事では、都会に棲むクマネズミやドブネズミに注目。いくら殺鼠剤を使っても駆除しきれない現実をレポートしています。

人が捨てる食料や農家の収穫物をあてにすれば食べるのに困らないことを学習したこれらのネズミが、時間をかけて原産のアジアから世界各地へと拡散するさまがわかります。

人がいるところにネズミあり 彼らと縁は切れるのか?

しかし、人間が被害者ではなく、加害者になるケースもありました。人が活動範囲を広げて航海をするようになると、ネズミがいなかった島にネズミを運び込んだことが原因で、在来種の海鳥の生息数が激減する事態を引き起こしています。

無残に傷つくアホウドリのひな、ハツカネズミに無抵抗

ネズミを悪者と考える理由のもう一つは、欧州の3分の1の人が死亡したとされる「黒死病」の媒介者というイメージが付きまとうからでしょう。ところが近年の研究で、感染の拡大を考えると、ネズミよりも人に寄生するノミやシラミが主な媒介者と考えるほうが自然という説が登場しています。ネズミばかりが悪者ではないようです。

中世「黒死病」の感染経路 ネズミではなかった?

人の役に立つネズミたち

プレーリーハタネズミは人間とよく似た性質を持っている。彼らはパートナーと生涯にわたる関係を築き、アルコールを好む(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

ネズミは嫌いという人は多いと思いますが、今も様々な研究にネズミが使われ、ネズミのおかげで科学的知見を深めているのも事実です。

変わったところでは、ネズミにアルコールを投与して、その後の行動を見た研究があります。この研究が面白いのは、酩酊(めいてい)の度合いを調べたものではなく、アルコールによって雄ネズミの行動が変わるかを調べている点。

それによると、単独でアルコールを接種した雄は浮気をすることがわかりました。この結果が人間と同じかは、皆さんの想像にお任せします。

一人で酒を飲む夫は浮気する? 酒好きのネズミで確認

ネズミに関する研究をもう一つご紹介しましょう。一夫一婦制をとるプレーリーハタネズミ。夫婦が協力して子育てすることで知られています。このネズミはつがいになった結果、浮気をするようになるというのです。実はハタネズミは、つがいになるまで、仲間が雄か雌かの区別がつかないというのが理由というから驚きです。

ハタネズミ、妻を得て初めてメスの違いを認識

ナショジオメルマガ
注目記事
次のページ
生き残る術に長ける
ナショジオメルマガ