「白黒で印刷?」black and whiteは色を指さないこともデイビッド・セイン「間違えやすい英語・聞き手編」(28)black / white

相手が話した英語を誤解して受け取ってしまった。そんな体験はどなたにもあると思います。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんは「日本人が聞き手として勘違いしやすい英語表現がある」と言います。今回は白と黒にまつわる英語独特の表現を見ていきましょう。

◇  ◇  ◇

今日は社内でのミーティングがあり、ユウカもスティーブも部署の代表として出席しました。PR部に納得してもらう必要があったため、ユウカも資料などを作成して念入りに準備して臨みました。そのおかげか少し時間がかかると思われた会議も滞りなく運びました。会議の後、会議にも参加していたPR部部長であるルーシーからの伝言をスティーブが伝えたのですが、どうも彼女の要望がわからない。それはこんな会話でした。

Steve: I'm glad the meeting with the PR department went well.
Yuka: Yeah, it went much smoother than I expected. I was prepared for a battle.
Steve: The materials you put together were perfect.
Yuka: Thanks! It looks like my hard work paid off.
Steve: That's right. Lucy said that she wants the meeting minutes in black and white.
Yuka: Huh? So I shouldn't print it in color?
Steve: No, the color doesn't matter. Just print it out and give it to her.
Yuka: Okay, so black ink?
Steve: I'll leave that up to you.
Yuka: Okay...

日本語に置き換えてみると次のようになります。

Steve:今日はPR部とのミーティング、無事に終わってよかったね。
Yuka:ええ、難航すると思ったけど、意外とスムーズに終わってよかったわ。
Steve:君の作った資料が完璧だったからだよ。
Yuka:頑張って作った甲斐があったわ。
Steve:そうだ、Lucyが今日の会議内容を書面で欲しいと言ってたよ。
Yuka:え? 色は使わない方いいのかしら?
Steve:いや、色は関係ないよ。ただ印刷して渡せばいいんだよ。
Yuka:モノクロで印刷すればいいのね。
Steve:どちらでもそれは君に任せるよ。
Yuka:わかった……。

スティーブは会議に参加していたルーシーからの要望をユウカに伝えたのですが、うまく伝わらなかったようです。ルーシーはその日の資料を書面にまとめて渡してほしいのですが、スティーブがblack and whiteを用いた表現を使ったことで、誤解が生じてしまったようです。実は相手の希望は「色」は関係なかったのですが、ユウカは色に注目してしまったようです。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
次のページ
さらに掘り下げたいblack/whiteを使った関連表現
今こそ始める学び特集