ジャージーブレザーのタイプで着わけるTPO別スタイル

ブレザー人気の継続で、ジャージーブレザーのバリエも充実。デザインのキャラクターを活かして、ゴルフ場のTPOにマッチした着こなしをしたい。靴やボトムスとの合わせも参考に。

■L.B.M.1911

グレーの配色でメタルボタンもシックに
軽快なウールホップサックに金ボタンをあしらったダブルの紺ブレには、上質なハイゲージウールのタートルニットで知的な印象に。英国的な千鳥格子のウールパンツも、遠目無地の細かい柄を選び、黒革Uチップの足元で全体を引き締め、大人の余裕を演出。 ジャケット9万円/エルビーエム 1911

ニット2万3000円/チルコロ 1901(以上トヨダトレーディング プレスルーム) パンツ3万9000円/PT01(ストラスブルゴ) サングラス3万3000円/アヤメ(アヤメ ジャパン) 靴8万5000円/クロケット&ジョーンズ(トレーディングポスト青山本店)

■CIRCOLO 1901

変化球なブラウンブレザーで洗練をプラス
この時期ならではのベルベット風のジャージー素材で仕立てたジャケットは、伸縮性が高く動きやすい。ハイゲージの長袖ニットポロの風合いともぴったり。鮮やかなオレンジがグリーンに映える。スエード靴の質感もウォーム感の演出に◎。 ジャケット5万9000円/チルコロ 1901(トヨダトレーディング プレスルーム)

ポロシャツ4万6000円/ドルモア(バインド ピーアール) マフラー2万円/ピアツェンツァ(ビームス 六本木ヒルズ) パンツ1万4800円/バーンストーマー(HEMT PR) 靴3万4000円/イル モカシーノ(バインド ピーアール)

■ROWING BLAZERS × BEAMS PLUS

クリーンなオフ白を軸に軽快さをアピール
スウェット素材のブレザーは、ヨットの右舷灯と左舷灯に使われる赤と緑を施した袖のパイピングがスポーティ。ヘンリーネックのカットソー&オフ白のコットンパンツで抜け感を出し、革スニーカーで寛ぎつつ大人の品格を演出。 ジャケット6万2000円/ローイング ブレザーズ×ビームス プラス(ビームス プラス 原宿)

ニット帽1万2000円/AD&C(以上ビームス 六本木ヒルズ) カットソー1万6000円/ナイジェル・ケーボン(アウターリミッツ) パンツ2万8000円/MMX(カヴァレリア) 靴5万2000円/コモンプロジェクト(ストラスブルゴ)

※表示価格は税抜きです。

撮影=武蔵俊介、西山 航、仲山宏樹 スタイリング=吉野 誠、武内雅英(CODE)、ヘアメイクTOYO(Bello) 文=伊澤一臣、●(あめかんむりに鶴)原弘高

MEN'S EX

[MEN’S EX 2019年12月号の記事を再構成]

SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram