2万円の10型タブレット 画面と性能はファーウェイ

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

年末商戦で店頭がにぎわうこの時期は、良いモノをを安く買える絶好のチャンスだ。そこで読者の関心が高い周辺機器の中からジャンルごとに注目製品をピックアップ。実際に触ってレビューし、オススメの逸品を探した。今日紹介するのは2万円前後で買える10型のタブレットだ。

アンドロイドタブレットがお得

タブレットは最近、10型(10.1型)の大画面モデルが主流になっている。なかでも2万円前後で買えるアンドロイドタブレットが高コスパで狙い目だ。ウェブ閲覧や動画の視聴、電子書籍やゲーム用の端末として購入するのに最適だ。

「MediaPad T5」は容量違いで2機種あり、こちらは上位モデル
容量違いの下位モデル。ほかにLTE対応モデルもある
「LAVIE Tab E」はUSBタイプC端子を備えるのが特徴
「Lenovo Tab E10」はスペックを抑えたお買い得モデルだ
10型クラスのディスプレイを持つタブレットの価格帯。アンドロイドなら2万円前後で実用的な製品を買える。ウィンドウズ製品も3万円前後からあるが、実用性を考えると5万円以上の製品を選ぶ必要がある

お薦めはファーウェイの「メディアパッドT5」。メモリーとストレージの容量が大きい上位機は2万円台半ばだが、それだけに満足のいく性能。外観や液晶も美しく、バッテリー駆動時間も長い。また下位機のほうも十分な性能で、価格が大幅に下がったこともあり、コスパに優れる。

アンドロイド端末向けのベンチマークアプリ「PCMark for Android 」と「AnTuTu Benchmark v8」で、性能を測ってみた。いずれも数値が大きいほうが高性能だ。PCMarkではCPU 性能(コア数)の差が明確に表れた。なお、Lenovo TabではAnTuTuは動作しなかった
液晶ディスプレイの解像度と見え方の違い。MediaPadは2製品とも同じなので32ギガモデルで比較した。花畑の写真は、1920×1389ドットの画像を、画面の左下を合わせて原寸で表示した様子。右端はパソコン用のウェブページを表示した例
MediaPadとLAVIE Tab は斜め横から見たときに若干暗くなるが、縦置きにした場合は斜め横から見ても明るかった
Lenovo Tabは解像度が低いので、空の部分が画面からはみ出して少ししか表示されない

アマゾンなどで売られている格安品はどうだろうか。バンキョーとオールドキューブの製品を買ってみたが、スペックは十分でベンチマーク結果もまずまず。

アマゾンで人気の格安10型タブレット。ストレージを32ギガ搭載して1万5000円を切る
「iPlay10 Pro」は液晶解像度が1920×1200ドットとスペックのお得感は半端ない
PCMarkの総合スコアでは、ともにLenovo Tab を上回った。バッテリー駆動時間も見劣りしない。見た目の安っぽさが気にならなければ、コスパは高いといえる

ただし、液晶表面の加工が安っぽく、端のほうに凹凸があるなど外観はいまひとつ。またウェブページを滑らかにスクロールできないなど、売れ筋の4製品に比べると不満が残った[注1]

いずれも液晶はやや暗めで彩度も控えめ。それでも売れ筋品と見比べなければ気にならない程度かもしれない。しかし、表面加工の安っぽさは否めない。ガラスのような平滑さに欠け、傷も付きやすそうだった

ちなみに、今回取り上げた製品はすべてフルHD(1920×1080ドット)の動画を難なく再生できた。ただ、4K動画を再生できたのはファーウェイの2製品だけだった[注2]

[注1]「iPlay10 Proタブレット」は、日本の電波法令で定められた技術基準に適合している無線機であることを証明する「技適マーク」が付いていなかった。そのため国内での使用は電波法違反になる場合があるので注意が必要だ

[注2]MP4形式の動画をストレージに保存して再生した

[日経PC21 2020年1月号掲載記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧