値引き減ったスマホ料金 実はネットサービスでお得に佐野正弘のモバイル最前線

NTTドコモはアマゾンジャパンと組んで、「ギガホ」の契約者に対し「Amazonプライム」を1年間無料で利用できる「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」を、2019年12月1日から開始している
NTTドコモはアマゾンジャパンと組んで、「ギガホ」の契約者に対し「Amazonプライム」を1年間無料で利用できる「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」を、2019年12月1日から開始している

NTTドコモは同社の新料金プラン「ギガホ」の契約者に対し、「Amaznoプライム」を1年間、無料で利用できるサービスを2019年12月1日から提供を始めた。このように、携帯電話の料金プランとセットにすることで、有名なインターネットサービスをお得に利用できる取り組みが増えている。携帯大手3社のお得な料金・サービス連携施策を改めて確認してみよう。

「Amazonプライム」が1年無料に

スマートフォンの大幅値引きが行政によって規制された一方、期待された激しい料金競争は起きておらず、スマホの値引きが少なくなった分、料金が高くなったように感じている人もいるかもしれない。

だが実は携帯電話会社は、通信料や端末代とは異なる形で、お得なサービスの提供に力を入れるようになってきている。その代表例が、11月26日にNTTドコモが発表した「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」である。

これは、NTTドコモが6月に提供を始めた新料金プランのうち、大容量通信ができる「ギガホ」を契約している人であれば、アマゾンジャパンが提供する有料会員プログラム「Amazonプライム」を、1年間無料で利用できるというもの。開始当初からしばらくは、容量が少ない人向けのプラン「ギガライト」契約者にも、同様のキャンペーンを実施するという。

Amazonプライムは単体で契約すれば1年当たり4900円、あるいは月額500円。配達日時の指定が無料でできるなどアマゾンでの買い物でさまざまな優遇が受けられるのに加え、動画配信サービス「プライム・ビデオ」など豊富なコンテンツも利用可能になることから、非常にお得なサービスとして知られている。それがNTTドコモユーザーであれば、当面は新料金プランに切り替えさえすれば1年間無料で利用できるというのだから、NTTドコモユーザーにとっては耳寄りなサービスだ。

実はNTTドコモはもう1つ、12月1日から「『ギガホ』『ギガライト』&『ディズニーデラックス』セット割」キャンペーンもスタートしている。こちらは新料金プランのいずれかと、NTTドコモがウォルト・ディズニー・ジャパンと共同で提供している動画配信サービス「Disney DELUXE」を同時に契約することで、12カ月間Disney DELUXEの月額料金(700円)と同額の割引が受けられるというものだ。

アマゾンとディズニーの両方のキャンペーンを同時に適用することもできる。合計で1万3300円得になる計算だ。

個別契約よりお得なauの「Netflixパック」

他の2社も、似たようなサービスやキャンペーンを提供している。特に力を入れているのがKDDI(au)だ。

KDDIは、2018年に米ネットフリックスと提携し、動画配信サービスの「Netflix」と、KDDIの動画配信サービス「ビデオパス」、そして携帯電話の料金をセットにしてお得に利用できる料金プランを提供している。現在セットで利用できるのは「auフラットプラン25 NetflixパックN(シンプル)」と「auデータMAXプラン Netflixパック」の2つで、双方の主な違いは毎月のスマホ上でのデータ通信量が一方が25ギガ(ギガは10億)バイト(GB)、もう一方が無制限であることだ。

KDDIは2018年から、「Netflix」などをセットにした料金プランを提供。現在は2つのプランが用意されている

どの程度得になるのかを確認してみよう。まず、auフラットプラン25 NetflixパックN(シンプル)の料金は月額7320円であり、この中には「Netflix ベーシックプラン」(月額800円)と「ビデオパス(見放題プラン)」(月額562円)が含まれている。実質的な携帯電話の料金だけを考えれば月額5958円となる。これに近いプランでは通信量が5GB少ない「auフラットプラン20N(シンプル)」の料金が月額6170円。5Gバイト増えて実質料金が安いからかなり得である。

MONO TRENDY連載記事一覧