クラフトビール18種量り売り タイトーが大人の遊び場

日経クロストレンド

タイトーが東京・銀座にオープンした「EXBAR TOKYO」。壁にはビールサーバーがずらりと並ぶ(写真:酒井康治、以下同)
タイトーが東京・銀座にオープンした「EXBAR TOKYO」。壁にはビールサーバーがずらりと並ぶ(写真:酒井康治、以下同)
日経クロストレンド

タイトーは「大人においしい遊び場」がコンセプトの「EXBAR TOKYO」を2019年11月13日、東京・銀座にオープンした。クラフトビールやパブ料理、ゲームが楽しめ、DJやミュージシャンによるイベントも開催する。日本発のナイトエンターテインメントブランドの確立を狙う。「EXBAR TOKYO」には2つのエリアがある。1つは肉を中心にしたコース料理が楽しめるレストランエリアで、もう1つは18種のクラフトビール、パブ料理、設置されているゲームが楽しめるガストロパブエリアだ。

ガストロパブエリアは段差のない開放的なスペースにバーカウンターやゲーム台などが置かれている。セルフ方式で注いだビールを片手にゲームを楽しんだり、ソファでくつろいだり、パブ料理を味わったりと好きなように過ごせる。

ガストロパブエリアはビールを片手に移動しやすいように段差をなくし、テーブルやソファを各所に配置した。前方にはスクリーンやDJブースがある
ガストロパブエリアとは別にレストランエリアがある。静かなスペースで個室も用意する

タイトーの山田哲社長は、「日本にナイトエンターテインメントを作りたい。大人がいい食事、いいお酒、いいゲームを楽しめる空間として作った」と語る。貿易会社としてスタートしたタイトーは日本で初めてウオッカを製造し、ジュークボックスやピンボールも手掛けるなど、飲食業界とは長い付き合いがあるという。

ユニークなのはセルフ方式のビールサーバーだ。まずエントランスでICチップの入ったリストバンドを渡される。ガストロパブエリアの壁には日本各地のクラフトビールに対応した18台のビールサーバーが並んでおり、リストバンドをかざして認証されると自分でレバーを操作してビールを注げる。ビールは1ミリリットル単位の量り売りで、どれだけ注いでいくら掛かったのかがディスプレーに表示され、リストバンドに記録される。食べた料理のデータもこちらに記録され、料金は退店の際にまとめて支払う仕組みだ。

入店時にICチップの入ったリストバンドを受け取る
リストバンドをビールサーバーのセンサーにかざす
リアルタイムでカウントされる分量や値段を見ながら自分でビールを注ぐ
ディスプレーには、1ミリリットル単位で分量と価格が表示される

ビールはグラス単位で注文するのが一般的だが、それでは多すぎるという人もいるだろう。個性のあるクラフトビールだけに、ひとくち飲んで好みでなかった場合も困る。その点、量り売りのセルフ方式ならさまざまなクラフトビールを少量ずつ利き酒のように楽しめる。気に入った銘柄が見つかれば、改めてグラスに注げばいい。飲んだことのないクラフトビールを楽しむのに適した方法だろう。

ビールは国産クラフトビールをそろえていて、銘柄は順次入れ替えていく。中には生産量が少ない貴重なものもあるそうだ。ICチップを使ったシステムでは、人気の銘柄や一度に注がれる分量など細かなデータを収集できる。そうしたデータを使ったビジネス展開も考えられるだろう。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
ビール片手に自分のペースで楽しめる場にしたい
MONO TRENDY連載記事一覧