出張先でもお得にキャッシュレス決済 使い勝手試した

消費税アップに伴い、利用できる店舗も増えてきたキャッシュレス決済。出張先で使えるかどうか試してみた
消費税アップに伴い、利用できる店舗も増えてきたキャッシュレス決済。出張先で使えるかどうか試してみた

消費税が10%にアップして、はや2カ月が経過した。財布のひもが固くなってしまった人も多いかもしれないが、それと同時にスタートした「キャッシュレス・ポイント還元事業」をうまく利用すれば、増税前より安く買い物ができるケースもある。個人的に普段からSuicaなどのキャッシュレスサービスを使っていたが、増税後は、以前にも増して様々なサービスを使うようになり、その便利さを実感している。

だが、これは東京を離れても変わらないのだろうか。

増税直後の10月は出張の機会が多く、1カ月で仙台、福岡、京都、奈良、名古屋、金沢の6都市を訪れたので、そこでも積極的にキャッシュレスサービスを利用した。土地勘のない場所でどれだけ使えるのか。実際の使い勝手はどうだったのかをリポートする。

最大5%のポイントが還元される

まずはキャッシュレス・ポイント還元事業とは何かを再確認するところから始めよう(周囲の人に聞いても意外に知らない人が多かった)。

これは経済産業省が増税に合わせて10月1日からスタートしたポイント還元プログラム。飲食店やスーパーなど特定の店舗で、クレジットカードやSuicaなどの交通系ICカード、PayPayなどのスマホ決済といった、いわゆる「キャッシュレス決済」サービスで会計を済ませると、最大5%または2%のポイント還元が受けられる制度だ(記事「消費税ポイント還元使いこなす 複数決済で上限アップ」参照)。

コンビニなどでキャッシュレス決済を利用すると、「キャッシュレス還元」と書かれた2%相当の金額が、支払いの時点で引かれている

キャッシュレス決済サービスといっても、クレジットカードから交通系IC、スマホ決済など、山ほどあるが、使える決済サービスは、お店によっても異なる(経済産業省の「ポイント還元対象店舗検索アプリ」で店舗を表示すると、利用可能なキャッシュレス決済サービスが一覧できる)。

経済産業省の「ポイント還元対象店舗検索アプリ」で店舗を表示すると、利用可能なキャッシュレス決済サービスが一覧できる 。表示している画面の店舗では、取材時点でPayPayは使えないようだ

キャッシュレス・ポイント還元事業とは別に、キャッシュレス決済サービスが独自で行っている還元キャンペーンもある。一度の買い物で、経済産業省のポイント還元に加えて、決済サービス会社が定めたキャンペーンの還元が上乗せされるのだ。このような独自のキャンペーンはPayPayや、LINE Pay、楽天Payなどのスマホ決済が積極的に展開している。

例えば、PayPayでは、「まちかどペイペイ」と称したキャンペーンを実施している。今回出張したときは、まちかどペイペイ第1弾として、対象店舗でPayPayを利用すると、キャッシュレス・ポイント還元事業の5%還元に、まちかどペイペイの5%還元をプラスした、合計10%の還元が受けられた(12月1日からは第2弾が実施中)。楽天Payも、キャッシュレス・ポイント還元事業だとコンビニなどの大手チェーンは2%しか還元されないが、楽天Payなら独自に3%の還元がついて合計5%還元されるキャンペーンを実施していた(同キャンペーンの第1弾は終了。2020年1月1日から第2弾がスタート予定)。

また、事前登録は必要だが、Suicaなどの一部交通系ICカードでは、電車に乗ったり買い物をしたりした際に還元されるケースがある。登録しておけば日々利用しているうちに少しずつポイントがたまっていく。ポイント還元を意識していなくても、ちょっと飲み物を買ったり自動改札を通過したりするたびにたまっているというわけだ。

Suicaのポイント還元は、主に電車に乗った際や駅ナカのお店で受けられる。ジュースを買ったりするだけで少しずつ貯まっていく。利用する場合は、還元対象店舗を示すPOPをチェックすると確実だ

だが、東京以外の都市でキャッシュレス決済はどのくらい使えるのか。土地勘のない街での使い勝手はどうなのか。

MONO TRENDY連載記事一覧