powered by 大人のレストランガイド

「森と湖の国」の恵み詰め込むクラフトジン 日本上陸

アークティック ブルー ジンの開発者でブランドディレクターのミコ・スプーフ・アークティック ブランズ グループ副社長
アークティック ブルー ジンの開発者でブランドディレクターのミコ・スプーフ・アークティック ブランズ グループ副社長

「スピリッツ(蒸留酒)のコンテストで最も優れたジンの称号を獲得しない限り、一般販売はしない」。そんな信念に基づき、蒸留過程にもこだわった「クラフトジン」が日本上陸を果たした。北欧・フィンランドのアークティック ブランズ グループが手掛ける「アークティック ブルー ジン」だ。東京・恵比寿の高級シャトーレストラン「ジョエル・ロブション」内のバーでの提供開始を機に来日した開発者でブランドディレクターのミコ・スプーフ同グループ副社長に、作り手側の思いを聞いた。

アークティック ブルー ジンは、「ただのジンではなく、北極地方の大自然の恵みと『森の精』をボトルにそのまま詰め込んだ特別な一本」とスプーフ氏は胸を張る。蒸留所は首都ヘルシンキから北東に約450キロ、ロシアとの国境に程近いイロマンツィにある。近くにはコリ国立公園が位置し、周囲には手つかずの森や湖が一面に広がる。

そんなエリアで湧くピュアな水と、霜で覆われた地元の森に自生するビルベリー(ワイルドブルーベリー)やトウヒなど最も純粋な素材をもとにアークティック ブルー ジンは造られている。ボトルを開けると、「朝露したたる静寂な森の中に足を踏み入れた時のような自然の香り」が心地よく鼻孔をくすぐる。脳裏に浮かぶのは、まさにアークティック(北極地方)の銀世界やオーロラで、グラスを何度も傾けるうち、人間の本質をも研ぎ澄まされた気分になってくるから不思議だ。

「元来、アルコール好き」のスプーフ氏は、それまでは共同創始者の一人としてビール会社を営んでいた。そこから一転、仲間とクラフトジンの世界に飛び込んだのが2016年。「フィンランドの大自然の恵みを生かしたものを」という新たな思いの他に、ジンの成長性にかけたのも理由だった。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
メールマガジン登録
大人のレストランガイド