成海璃子 物心がつく前からカメラの前に立っていた恋する映画『ゴーストマスター』でアクションに初挑戦

女優の成海璃子さん
女優の成海璃子さん

海外の映画祭に次々と出品され、「究極の映画愛が詰め込まれた作品」として注目を集めている最新作『ゴーストマスター』が12月6日より公開されている。本作は、「ある低予算映画の現場」を舞台に繰り広げられており、ホラー、コメディー、恋愛、アクションなど、ジャンルの垣根を越えた展開が魅力の話題作。

今回、「現場で奮闘する助監督」役の三浦貴大さんとともにダブル主演を務めたのは、子役時代から数々の作品で着実にキャリアを積み重ねている成海璃子さん。「劇中で撮影されている映画に出演する女優・渡良瀬真菜」役を演じ、見事なアクションも披露している。そんな新たな一面を見せる成海さんに、撮影秘話から女優としての原動力などについて語ってもらった。

脚本からエネルギーをすごく感じた

――まずは、最初に脚本を読まれたときの印象とオファーを受けようと思った理由を教えてください。

成海璃子さん(以下、成海):この作品は脚本を読んだだけではほとんどのシーンが想像できなかったのですが、エネルギーだけはすごく伝わってきたのです。自分の役に関していうと、後半にあるアクションのシーンはきっといいシーンになると確信したので、演じてみたいと思うようになりました。

――今回演じた渡良瀬真菜は、成海さんと同じ女優という役どころでもありましたが、演じるうえで意識したことはありましたか?

成海:彼女は、父親が有名なアクション俳優という設定で、最初はあまり覚悟を持って仕事をしているわけではありませんが、後半で覚醒するんですよね。この役にとってはその瞬間が重要なシーンだと思ったので、そこでは爆発するような意識を持って演じました。アドリブのセリフを入れている方もいらっしゃいましたが、私に関しては細かいところまで指示があったのでほぼ脚本通り。とはいえ、わからないことも多かったので、その都度監督に確認するようにはしていました。

――本作は見たことのないような映画になっていると思いましたが、現場でもこれまで味わったことのない演出などはありませんでしたか?

成海:撮影の手法としてですが、今回は逆回転で撮影するシーンがいくつかあり、それは初めての経験でした。たとえば、目玉が飛んできて三浦さんの顔にくっつくという場面では、くっついているところから目玉が離れるという順番だったので、最初に驚いた表情からもとに戻すという逆のリアクションをしています。現場でもみんなで爆笑しながらの撮影でしたが、それはすごく楽しかったですね。そんなふうに、他の現場ではあまりやらないようなシチュエーションは今回多かったと思います。

注目記事
次のページ
恐れずに何でもできる自分に気が付いた