水深4000メートル 最北の熱水噴出孔はまるで異星

日経ナショナル ジオグラフィック社

2019/12/6
ナショナルジオグラフィック日本版

オーロラ熱水噴出孔フィールドで見つかったガラス海綿と、その上を泳ぐ赤いエビ(PHOTOGRAPH BY OFOBS, AWI TEAM)

北極海のガッケル海嶺沿いにある「オーロラ熱水噴出孔フィールド」は、知られている限り地球上で最も北にある熱水噴出孔フィールドだ。海氷に覆われた海の底にあり、深さはおよそ4000メートル。地球にありながら最も異星に近い生態系があると考えられている。このほどそこで本格的な探査が行われ、噴出口や生態系の様子が初めてカメラに収録された。

◇  ◇  ◇

どこまでも続く氷原や、ところどころに突き出た氷塊はまるで陸地のようだが、グリーンランドの北の海に陸地はない。それを示すように、ノルウェーの砕氷調査船「クロンプリンス・ハーコン号」が、北極海の海氷を砕きながらゆっくりと進んでいた。

ノルウェー領スバールバル諸島にある町ロングイェールビーンを出港してからここへ到着するまで、予定よりも長い時間がかかってしまった。ところが、米ウッズホール海洋研究所のクリス・ジャーマン氏はせっかくの絶景に見とれることもなく、海底から送られてくるライブカメラ映像を一心に見つめていた。

ジャーマン氏らが画面に映るのを待っているのは、海底に開いた裂け目から漆黒の深海へ噴き出す超高温の水煙だ。深海探査は、宇宙探査と同様に高い危険を伴う。深海の底は、どんなに頑丈な探査ロボットにとっても過酷な環境だ。今回のミッションでも、潜水艇を危うく失いかけるなど、いくつかのハプニングに見舞われた。

だが、紫色の夕空が見られたこの日、船につながれ、何時間も海底の泥の上を移動していた高解像度カメラが、ついに海底にぽっかりと口を開けた裂け目の真上を通過した。船の各所に設置されたテレビ画面いっぱいに、直径1.5メートル近い噴出孔からたけり狂ったように噴き出る黒煙が映し出された。

「こいつは馬鹿でかいぞ」。ジャーマン氏が、声を上げた。

その日、カメラは同じ場所をさらに2度通過した。その後も1週間かけて複数回通過し、オーロラ海山の南側にある起伏の激しい斜面を撮影した。

画面には、煙突状の熱水噴出孔「チムニー」の、倒れた残骸が姿を現した。これはフィールドのいたるところで見られる。さらに、「ブラックスモーカー」と呼ばれる黒っぽい熱水を噴出する孔は、1カ所だけでなく、少なくとも3カ所あることも確認された。

世界の果てで氷の下に息づく生態系にここまで迫ったのは初めてのことだ。

「この海域がまだ手つかずのうちに詳しく調べたいと思っています」と、ノルウェー水研究所でプロジェクトの主任科学者を務める深海生態学者エバ・ラミレズ・ロードラ氏は言う。「もし気候変動により海氷が融解すれば、太平洋へ向かう船がここを行き来するようになるでしょう。採鉱や漁業にも開かれるかもしれませんし、そうであればここに何があるのかを知っておくのは良いことです」

さらにオーロラ熱水噴出孔には、別の星の海底で地球外生命を探す手がかりが隠れているとの期待も集まる。氷に覆われた木星の衛星エウロパや土星の衛星エンケラドスは、生命が存在する可能性が高いとされ、その深海には同じように熱水噴出孔があると考えられている。オーロラ熱水噴出孔は、地球上にある噴出孔のなかでも特にそうした星の環境に似ている。

今回の調査に参加しているNASAジェット推進研究所の宇宙生物学者で、ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーであるケビン・ハンド氏は、「地球以外の星で生命が存在するとしたら、海にいる可能性が非常に高いです。この地球上でも、水があるところには必ず生命が見つかっていますから」と話す。

ナショジオメルマガ