ホテルの限定Xマスケーキ 過去最高額なのに完売も

価格は高いが予約で完売したものもあるというホテルのクリスマスケーキ。パレスホテル東京、ホテルニューオータニ東京、ウェスティンホテル東京のクリスマスケーキを紹介する
価格は高いが予約で完売したものもあるというホテルのクリスマスケーキ。パレスホテル東京、ホテルニューオータニ東京、ウェスティンホテル東京のクリスマスケーキを紹介する

2019年のクリスマスはイブ、当日ともに平日。クリスマスケーキの販売ピークは、その前の週末にも広がる見込みだ。ホテルで販売される今年のクリスマスケーキを見て気づくのは、特別なオーダーメードではないものの中にも、ホテルが「過去最高」という高価格のケースが登場していること。実際、7万円というケーキもある。しかも個数限定とはいえ、11月の段階で売り切れてしまったものもあるという。

ホテルが力を入れる高価格帯のクリスマスケーキはいったいどんなものなのか。パレスホテル東京、ホテルニューオータニ東京、ウェスティンホテル東京のケーキを見ていこう。

パレスホテル東京/銀世界のトナカイをイメージ

2019年のクリスマスシーズン向けに発売される東京都内のクリスマスケーキで、おそらく最高額ではないかと思われるのが、パレスホテル東京の「レンヌ」だ。

パレスホテル東京の「レンヌ」。価格は7万円(税別。以下同)。ホワイトチョコレートの三角すいの中には、イチゴのショートケーキが隠れている

レンヌとは「トナカイ」を意味するフランス語で、一面の銀世界とそこに悠然といる1頭のトナカイをケーキで表現したという。三角すいのホワイトチョコレートでできたトナカイを取ると、2段目のストロベリーショートケーキが現れるという演出を施している。直径32×高さ53センチ。

ベーカリー&ペストリー課シェフ兼ペストリーシェフの窪田修己さんによると、7万円という価格設定は同ホテルのクリスマスケーキでは歴代最高額だという。

「今まではだいたい5000~3万円ほどのクリスマスケーキをご用意しており、過去最高額は2016年の3万円でした。ここまで高額なものは今年が初めてです」(窪田さん)

5台限定だが、10月1日の受付開始早々に予約が入った。台数が限られていることも早く予約が入った理由ではあるが、年々予約時期が早まってもいるという。取材した11月下旬時点で、予約は残り1台となっている。

「クリスマスの楽しみ方は多様化していますが、毎年この時期しか販売されないクリスマスケーキを楽しみにしているお客様は多くいらっしゃいます。このケーキの開発のきっかけも、昨年お客様より『どこにもないようなサプライズ感のあるケーキがほしい』との要望をいただいたことからでした。パレスホテル東京だからこそ実現できる、洗練されたインパクトのあるデザインと、厳選素材のみを使用したこだわりのケーキを目指した結果、このような価格となりました」(窪田さん)

デコレーションに使った100粒のイチゴは糖分と酸味のバランスが良く非常にジューシーな栃木県産スカイベリー。それに合わせるために 栄養分や風味が優れたAOPバターをフランスノルマンディー地方から取り寄せた。そのほかの食材も、ミネラル分が多くカラメルのような深い味わいの沖縄産黒糖を用いるなど、それぞれトップクラスの素材を選び抜いた。

ただその大きさゆえの苦労もあったという。高さもあり、かなり重いケーキになってしまったため、どのようにしてケーキ本体にかかる重量を分散して組み上げるかが難しかったそうだ。

「ぜひご自由に楽しんでいただきたいですが、あえて一言加えさせていただくとすれば、スカイベリーは糖分と酸味のバランスが良く、ロゼシャンパンとの相性がとてもいいです。まずは、三角すいチョコレートの小窓からイチゴを数粒取り出し、アヴァンデセール(コース料理でデザートの前に出される小さなデザート)のようにイチゴとシャンパンのマリアージュを楽しんでいただき、口の中をリフレッシュしてからケーキを召し上がっていただければ」(窪田さん)

注目記事
次のページ
ホテルニューオータニ東京/人気ケーキが集結
今こそ始める学び特集