powered by 大人のレストランガイド

飲めない人も「もう一杯」 ノンアルに酔える本格バー

Peterバーのモクテル。左から「スター オブ ジンジャー」(1800円・税サ別)、「エピス ルージュ」(1600円・同)
Peterバーのモクテル。左から「スター オブ ジンジャー」(1800円・税サ別)、「エピス ルージュ」(1600円・同)

バー文化が盛んな米国ニューヨークや英国ロンドンでは、通常のカクテルだけではなく「モクテル」を楽しむ人が増えている。モクテルとはノンアルコールカクテルのことで、似せる、まねをするという意味の英語「mock(モック)」と「cocktail(カクテル)」を組み合わせた造語だ。欧米ではここ数年でモクテル専門バーや、モクテルを充実させる店が増えている。

特に米国ではアルコール依存者・中毒者への世間の目が厳しく、公園など公共の場での飲酒は禁止されている。そうしたモラル的な背景に加え、近年の健康志向の高まりや、泥酔による失態などを避けるため、「Sober(しらふ)」を好む傾向が強まっているのだ。そのノンアルの波が今、日本にも徐々に押し寄せてきている。

その代表例が東京・有楽町の高級ホテル、ザ・ペニンシュラ東京の中にある「Peter(ピーター)バー」。広々としたステーキ&グリルダイニングに併設されたラグジュアリーなバー。海外からのゲストも多い同店では、2007年の開業当時からカクテルのみならずモクテルの提供にも力を入れており、現在7種の定番モクテルを提供している。

例えば、12月25日まで提供の季節限定モクテル「スター オブ ジンジャー」(1800円・税サ別)は、アニス(八角)を漬けこんだアップルジュースをベースに、レモンジュース、ショウガジュース、トニックウォーターを合わせたもの。アニスの香りやショウガのピリッとした風味が前面に立ったスパイシーな一杯だ。モクテルと言われなければ、ノンアルコールだと気づかないかもしれない。ショウガ入りなので後から体がポカポカしてくる。

ザ・ペニンシュラ東京の最上階の24階にあるPeterバー。夜景を見下ろしながらカクテルやモクテルを楽しめる

同ホテルのビバレッジマネージャーの鎌田真理さんは、全国モクテルコンペティションで優勝した経験も持つモクテルのプロフェッショナルだ。体質的にアルコールが飲めない鎌田さんだが、バーの空間や酒を飲む場の雰囲気が大好きでバーテンダーになったという。欧米の有名なバーにも積極的に足を運び、さまざまなモクテルを試飲して学びながら、自身のモクテルのレシピづくりにも役立てているそうだ。

「味、香り、見た目をどれだけカクテルに近づけるかがモクテルのポイントです」と鎌田さん。飲んだときに、「これは本当にノンアルコールなのか?」と思わせられるかが大切だという。単純にフルーツジュースを合わせただけでは、カクテルのように複雑な味や香りを表現できず、「モクテルはプロのバーテンダーにとっても難しいカテゴリー」(鎌田さん)だと話す。

通年提供の「エピス ルージュ」(1600円・税サ別)は、全国モクテルコンペティションで優勝した一杯。ピンクペッパー、カルダモン、コリアンダーシードといったスパイスをカルピスに24時間漬け込み、ワイン用品種で作ったブドウジュースを合わせた。「子どもっぽい印象のカルピスを、大人っぽく表現したかった」という彼女の狙い通り、スパイスと爽やかなブドウジュースがカルピスの濃厚な甘みを和らげ、さっぱりとした口当たりだ。

同店では、日本人の常連客の中にもモクテルだけをオーダーする人が徐々に増えてきている。「モクテルによって、お酒を飲めない人の『バーに行きづらい』というイメージが払拭され、バーを楽しめるきっかけになれば」と鎌田さんは期待を寄せる。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド