転職先の年収、前職並みはなぜ難しい まず手取り確認ミドル世代専門の転職コンサルタント 黒田真行

必要な可処分所得を長期視点で特定する

では、転職活動で発生しやすい年収ギャップには、どう対応すればいいのでしょうか?

まず大前提として押さえておいていただきたいことがあります。継続的に働いてきた職場で、過去の成果に対する賞与も満額含まれた前職年収と、過去の成果がなく賞与査定もできない状態で、かつまずは職場や仕事に慣れるアイドリングタイムも含まれる入社初年度年収の間に生じる不可避なギャップを、どれくらい読みこむかという問題です。

売り手の感情としては、前職で得られたはずの年収ごと、自分への期待値も含めて自分を買ってほしいという気持ちになりやすいのですが、買い手の論理としては、前職でのコンディションで成功したからといって自社の環境で成功するかどうかは確定できないという理由などで、成果評価を除いた実稼働分の査定額でスタートしてほしいということになり、ギャップが生じやすくなるという構造があります。この構造問題の存在を必ず頭に入れておいていただきたいと思います。

もともと現職年収は、過去からの努力の積み上げで獲得してきた自分自身の「値段」と思い込んでしまう傾向があります。ときには、その「値段」に自分のプライドすべてが寄りかかっているケースもあります。年収絶対額と自尊心が一体化してしまうと、外部の経済環境や、業界や職種の市場の需給相場が視界に入らなくなり、年収の絶対額だけが自分への期待値を証明するものという考えに陥ってしまい、転職活動そのものが暗礁に乗り上げてしまう危険性があります。

次に重要なポイントが、額面年収と手取り年収のギャップです。例えば額面年収2000万円の場合、所得税・住民税・社会保険料・年金を引くと手取り年収は1280万円です。額面年収1500万円の場合の手取りは1010万円で、額面は500万円違っても、手取りはたった270万円の差に縮んでしまいます。

Yさんの場合、前職の年収1200万円時代の手取りは845万円、年収1000万円だと手取りは718万円となり、年収900万円の手取りは650万円です。それほど額面年収と手取り額との乖離は大きく、額面だけで年収を条件化してしまうと、判断を誤るリスクもあります。

慣れない転職を検討し始めたところに、転職エージェントや応募先企業などから「希望年収はいくらですか?」と質問されたら、(現在年収をベースに、できれば、それ以上もらえたらいいな)と考えるのは当然の人情です。

しかし、そんな気持ちで軽く答えたら、一瞬で相手の顔が曇ってしまうというようなこともありがちです。年収は高ければ高いに越したことがないのはいうまでもないことですが、現在の年収金額をいったん無視して、まずは、自分の中で、生活をしていくのに最低限必要な金額を検討しておくことをお勧めします。固定費と変動費に分けて必要な額を計算し、その金額を手取り額として必要な金額と仮置きし、その「必要手取り額」×1.4=最低限必要な額面年収というイメージです。

そのうえで、上記にある通り、入社直後の実績がない状態でのギャップ(短期的な低下幅)を読み込んでおくと、かなりリアルな数字が見えてくると思います。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
次のページ
お金を得る「仕事」と心理的充足を得る「使命」
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら