河川の氾濫の歴史 最新技術が見事にあぶりだす

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

空からレーザーを使ってとらえた、色鮮やかな米国ミシシッピ・デルタの画像。流路の歴史的な変遷を示している(IMAGES BY DANIEL COE)

1944年にハロルド・フィスクが作った米ミシシッピ川下流の地図は、画期的な作品だった。航空写真とローカル地図を用いて、驚くほど詳細かつ正確に描かれた作品で、最大の目玉は、曲がりくねったミシシッピ川と、歴史的な氾濫の痕跡を記した15枚の地図だ。

1944年に作成されたミシシッピ川の地図。ミシシッピ州のフライアーズポイントからガニソンまで65キロほどの区間を描いている。地質学者ハロルド・フィスクが航空写真と地図を用いて、過去と当時の流路を推定した(IMAGES BY DANIEL COE)
LiDARで作成した地図。フィスクの地図と比較すると、過去75年間の変化がわかる。浸食による流路の変化で、画像中央の川幅が広がり、南に移動した(IMAGES BY DANIEL COE)

それから70年以上がたち、米ワシントン地質調査所の地図製作者ダニエル・コー氏は、フィスクの地図をより精細に、美しく再現することに成功した。コー氏が用いたのは、航空機からレーザーパルスを発信して地形を測定する「LiDAR(ライダー)」技術により米地質調査所(USGS)が収集したデータだ。

レーザーを使えば、川の形だけでなく、周辺のすべて(あらゆる家や木、道路など)を検出できる。同氏は、データからこうした植物や人工物の情報を削除することで、ミシシッピ川流域が裸地になった場合の地形をあらわにした。見えてきたのは地形の変遷、たとえば曲がりくねっていた川が直線的になり、三日月湖が残されるといった川の歴史だ。

USGSの科学者は、LiDARデータ(ほぼすべてが公開されている)を収集して土地の変遷を視覚化しており、地図製作者はそのデータを新たな視点で読み解くことができる。標高がわずかに変わるだけで、川が周囲にどのような影響を及ぼすかが変わってくるだろうし、農業により土壌が過剰に流出すれば、川の流路が変化するかもしれない。

川の変遷は、将来、土砂崩れや洪水が起きた際、川がどうなるかを示す指標となり得る。「最も驚くべきは、これほど多くの痕跡が、いまだに地形に残っていることです」とコー氏は語る。「まるで、川が残した指紋を見ているようです」

次ページでも、レーザー観測があぶり出した、ミシシッピ川の蛇行の痕跡を紹介しよう。都市化する現代でも、こうした川の歴史が手に取るようにわかる。