廃虚の街や赤字施設が観光地に変貌 19年地方発ヒット

日経トレンディ

日経トレンディ

ヒットの芽はどこに潜んでいるか分からない。耳目を集めるキャッチーな要素をまぶすことで、「お荷物」とされてきたものや場所が、魅力あふれる商品・サービスに変貌するケースもある。それを改めて知らしめたのが、「爆破で街おこし」を旗印に、福岡県筑豊地方で2019年1月に始まった「筑豊アクションプロジェクト」だ。地域に点在する廃虚などを「爆破撮影が可能なロケ地」とアピールし、地域活性化を目指す驚きの取り組みだ。

スタントカーに乗って爆発の横を駆け抜けたり、銃器発砲シーンや銃撃戦シーンを体験したりできる一般向けのイベントは大きな評判を呼んだ

一般参加者がアクション俳優気分で爆破シーンや銃撃戦を体験・撮影できるイベントを、炭鉱跡地などで3回実施。各回の定員は20人程度ながら、参加者や毎回100人ほどの見物客によってその様子がSNSで発信・拡散されると、たちまち取材が殺到。活動開始から10カ月間で、ドラマやテレビCM、ミュージックビデオなど計17本のロケ誘致に結び付けた。

仕掛け人は、筑豊出身の映像作家・永芳健太氏。3年前に企画を立案。その後、時間をかけて行政、警察・消防、地元企業との協力関係を築いた。現在は、ヘリやモーターボートを使った、より大掛かりな爆破の撮影・体験イベントを企画中。また海外の旅行会社との間でも、インバウンド向けの体験・撮影企画が進んでいる。

「筑豊はかつて炭鉱町だったためか、行政や住民の爆破に対する心理的ハードルが低め。また筑豊に付いて回る『暗い、怖い』などの負のイメージは、むしろ『ハードボイルド』という世界観に転換しやすい。廃虚だらけの街を“アクション撮影のメッカ”に変えた先例は、ブルガリアなどにもある。将来は筑豊をアクション映画産業の一大拠点にしたい」と、永芳氏は意気込む。

林に浮かぶ球体テントが話題になった「泊まれる公園」イン・ザ・パーク。地元食材を味わえる屋外ダイニングや、ヨガなどのワークショップも人気。ウエディングや音楽フェス、地元生産者と連携したマルシェや料理教室なども展開する

静岡県沼津市の愛鷹運動公園にできた複合宿泊施設「イン・ザ・パーク」も、地域資源を生かし、公と民が連携して成果につなげた好例だ。前身は、赤字を垂れ流し続けてきた築50年近い青少年向け宿泊体験施設。地元信用金庫が出資し、建築設計事務所オープン・エーが改修と運営を担当して17年秋にオープン。公園の林の中に、球体のテントが浮かぶように設置されたおしゃれなデザインが評判になり、18年には約6000人が宿泊した。

19年も同程度の宿泊者を見込むほか、9月に実施したオールナイトの映画上映フェスで、一晩で数千人を集客。「公園利用の新たな可能性を示せた」(オープン・エー)。

笑える自虐ネタで集客アップ

栃木の特Aブランド米「とちぎの星」が大嘗祭の献上米に選ばれた9月中旬以降、同米を原料に宇都宮酒造が製造する日本酒「四季桜 とちぎの星」の人気が急騰

令和元年、皇位継承は国民の大きな関心事の一つだった。それに絡み、突如として脚光を浴びた商品が、栃木県宇都宮市の宇都宮酒造が製造する日本酒「四季桜 とちぎの星」だ。原料である同名の米「とちぎの星」が大嘗祭に献上されることが決まった直後から注文が相次ぎ、僅か20日間で720mL瓶7240本分を受注した。

「白えびビーバー」はNBAプレーヤー・八村塁の同僚トロイ・ブラウンJr.が画像や動画を投稿したことで一躍話題に

同じく、突然のチャンスに瞬時に反応し、ヒットに結び付けたのが石川県金沢市の北陸製菓。7月、富山県出身のNBAプレーヤー・八村塁のチームメートが同社の揚げ菓子「白えびビーバー」をSNSに投稿。これが話題になっていると察知した同社は、早くも翌日にビーバーのツイッター公式アカウントを開設し、そのSNS投稿を引用した情報を発信。その結果、生産が間に合わないほどの注文が全国から殺到し、北陸限定商品である白えびビーバーの知名度を一躍全国区にした。

商品を購入者に送る際にポップコーンをおまけとして同梱。18年秋に「食べられる緩衝材」の専用包装材を開発、SNSで3万以上の「いいね!」を獲得。某大手企業のキャンペーン品やクレーンゲームの景品などに採用され、法人を中心に10カ月で数万個を受注した

遊び心が予想外のヒットにつながった事例もある。高知市のあぜち食品は、「包装業者との雑談中に浮かんだ、ふざけた思い付き」(和田しほこ社長)を基に、「食べられる緩衝材」とパッケージに記したポップコーンを発売。これが多くの「いいね!」を生み、数万個のヒットになった。

遊園地やプールもある複合レジャー施設。立地や施設内容の認知度の低さをネタにした「ここは日本一心の距離が遠いサファリパーク」などの自虐CMが話題に。金網張りのバスで巡る大迫力のサファリも評判を呼び人気上昇。19年度は前年比2割増の集客を見込む

自虐を交えた笑いでネットユーザーの心をつかんだのは「姫セン」こと、兵庫県姫路市の「姫路セントラルパーク」。関西の主要都市から約1.5時間以内と「和歌山のアドベンチャーワールドより近いのに、遠いと勘違いされがち」(広報)だった姫センは、誤解を逆手に、「ここは日本一心の距離が遠いサファリパーク」との自虐コピーを掲げたテレビCMを放送。さらに「ライオンと綱引き」などのとぼけた新企画を連発。すると「面白い」との評判が広がり、直後のゴールデンウイークには前年比4割増の7万2000人が来場した。

MONO TRENDY連載記事一覧