ライブ活況10年で公演2倍 チケット高騰、進む寡占化

多くの人で盛り上がるライブ(8月、東京都新宿区の新宿野村ビル)
多くの人で盛り上がるライブ(8月、東京都新宿区の新宿野村ビル)

音楽のライブやコンサートが活況です。ぴあ総研によると、2018年の動員数は5043万人と5年間で39%増えました。ライブ人気は米国でも目立ち、音楽配信の技術の進歩とも関係しているようです。データと共に背景を考えてみます。

コンサートプロモーターズ協会の公開データによると、国内の入場者数が過去30年で最少だったのは1997年の1300万人でした。その後10年ごとの伸び率は2007年までが61%、07年から17年にかけては128%増えました。ライブ人気はこの10年ほどが顕著です。

「音楽を誰もが無料で聴けるようになった影響が大きい」と話すのは音楽産業を研究する関西大学の高増明副学長です。かつてはレコードやCDにお金を払っていましたが、今はインターネットに接続していれば無料で音楽を聴けます。

消費者には都合のいい現象ですが、音楽で生計を立てていた人は困ります。CDなど音楽ソフトの生産額は98年の6074億円から18年に2403億円と半分以下に落ち込みました。一方、ライブは入場者からお金をとることができるためミュージシャンには貴重な存在です。国内の公演数は過去10年で2倍に増えました。

“稼ぎ頭”となったライブのチケットは値上がりしているようです。コンサートプロモーターズ協会のデータから入場者1人あたりの売上額をはじくと過去20年で4965円から7091円に上がりました。43%の上昇率はこの間の物価上昇率(約1%)を大きく上回ります。業界動向に詳しい楽天証券経済研究所チーフアナリストの今中能夫氏は「照明など演出コストの上昇に加え、利幅を厚くしたい開催側の思惑があるようだ」と背景を分析しています。

チケット価格の上昇は米国でも目立ちます。米経済学者の故アラン・クルーガー氏は19年に出版した著書で、米国の平均チケット単価が81年から18年にかけて5倍超に値上がりしたと記しています。同氏は背景に「一部のミュージシャンへの人気の集中」があると見ています。高額なチケットを売りさばけるスターに観客が集中した結果、トップ1%のミュージシャンの収入シェアは82年の26%から現在は60%まで上昇したそうです。

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧