新説・人類誕生はアフリカ南部の塩原 DNA分析で

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

アフリカのザンベジ川以南には、はるか昔に緑豊かな湿地帯が広がっていた。現生人類はこの地から誕生したという新たな研究結果が発表された。現在、ここはマカディカディ塩湖と呼ばれる世界最大級の塩原になっている(PHOTOGRAPH BY BEVERLY JOUBERT, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

アフリカ南部の内陸国ボツワナに、マカディカディ塩湖と呼ばれる場所がある。まるで白い粉に覆われたように乾燥した大地が広がる、世界最大級の塩原だ。だが、およそ20万年前は、緑が生い茂る豊かな湿地帯だった。この古代のマカディカディ・オカバンゴ湿地帯こそ、現生人類(ホモ・サピエンス)誕生の地であるとする研究が、2019年10月28日付けで科学誌「Nature」に発表された。

「私たちはみな、同じ地域からやってきたのです」

研究者らは、現在のアフリカ南部に住む人々を対象に、母親から子へ遺伝するミトコンドリアDNAを調べ、過去の気候や現代の言語、文化、人口分布と照らし合わせた。

その結果、この湿地帯に住んでいた古代人類はやがて、気候の変化にともなって現れた緑豊かな土地へと進出していったと、論文著者らは論じている。さらに、そのなかのある小さな集団がアフリカを離れ、やがて世界各地へ広がっていったのだ。

「私たちはみな、アフリカ南部の同じ地域からやってきたのです」と、研究を率いたオーストラリア、ガーバン医学研究所のバネッサ・ヘイズ氏は述べている。

現生人類の祖先が正確にアフリカのどこで誕生したかについては、長い間議論されてきたが、いまだ結論は出ていない。この研究に対しても、一部の科学者から批判が出ている。

現代に生きているすべての人間は、共通の祖先「ミトコンドリア・イブ」から受け継いだミトコンドリアDNAを持っているが、これは全遺伝物質のなかのごくわずかな部分に過ぎない。今回祖先とされた集団がミトコンドリアDNAの起源だとしても、現代人の遺伝子には他にも多くのDNAが関わっている。

1217人分のDNAを分類

ヒト科の系統樹は、アフリカに深いルーツを持っている。これまでで最も古いヒト属(ホモ属)の化石は、東アフリカで見つかった280万年前のあごの骨だ。私たちホモ・サピエンスが現れたのは比較的最近のことで、少なくとも26万年前には枝分かれしていたとする研究がある。しかし、それがアフリカのどこで起こったかは、議論の対象のままだった。

現生人類とそれ以前のヒト属の特徴を併せ持つ化石は、アフリカ各地で発見されている。例えば、南アフリカでは26万年前のフロリスバッド人骨、エチオピアでは19万5000年前のオモ人骨、そしてモロッコでは31万5000年前のジェベル・イルード人骨が発見された。しかし、アフリカの暑い気候に長い間さらされてきた化石のDNAは、多くが劣化していた。

古代DNAの研究は続いているが、最近では多くの研究者が、現代アフリカに住む人々の遺伝子の多様性に注目するようになった。ミトコンドリアDNAの最も古いルーツのひとつは、アフリカ南部に住む人々の間に多く見られる。中でも特にその割合が高いのが、コイサン人と呼ばれる狩猟採集民族だ。彼らの話す言語には、子音にクリック音が含まれる。これまでヘイズ氏ほか多くの研究者が、人類の起源についての手がかりを探るために、コイサンの人々を調査してきた。

だが今回の研究は、ミトコンドリアDNAの起源を一カ所に絞り込むことが目的だ。遺伝子記録の空白部分を埋めるため、ヘイズ氏の研究チームはナミビアと南アフリカに住む198人からDNAを採取した。その中には、コイサン人もそうでない人々も含まれていた。これに、過去に集められたデータを合わせた計1217人分を、民族と言語によってグループ分けし、地理的な分布図を作成した。さらに、そのDNAに基づいて、20万年前までさかのぼる系統樹を作成した。

その結果、最初のホモ・サピエンス集団はおよそ7万年の間、一カ所に留まっていたことがわかった。当時の気候を分析したところ、ボツワナにあった広大な湿地帯が、彼らが住むのに適していたことも明らかになった。

ところが、今から13万~11万年前に変化が起こった。「新たな人類の系統がいたるところで現れ始めたのです」と、ヘイズ氏は説明する。