最新コワーキングスペース 子連れOK、女性も便利

日経doors

働く女性に最適なコワーキングスペースが増えている
働く女性に最適なコワーキングスペースが増えている
日経doors

普段は違った環境で働く人々が、同じ空間で、ときにつながりながら働く共用の仕事場「コワーキングスペース」。複合機や会議室あり、専用デスクあり、ロッカーあり、託児所あり……など、施設によって設備もサービスもさまざま。共通しているのは、会社や自宅といった「日常」に縛られず、特色ある空間で自由な働き方ができること。女性にも使いやすい、東京都内の施設を2つ取材しました。

子連れでの仕事も実現できる設計に

一つ目は、コワーキングスペース「BIZcomfort大森山王」。2019年6月1日にオープンした施設で、コンセプトの一つに「女性向け」があり、子連れでの仕事も実現できる設計になっています。WOOC(ウォーク)が運営。

ロケーションは、JR大森駅から徒歩1~2分という好立地です。6階建ての新築ビルの地下1階に「子供用プレイルーム」と「カルチャーサロン」、1階にレンタルキッチンやミシンを備えた「ホビースペース」。2階がフリードリンク&フリーWi-Fi完備の「ワークブース」となっています。シート数は114席と広々。

できたばかりの広々スペースに足を踏み入れて、驚き。なんといっても、新しくてキレイ。それにオシャレ。コワーキングスペースって、もっと味気ない事務所っぽい空間と思っていた筆者には、新鮮でした。

このスペースのインテリアコンセプトは「Botanical Garden(植物園)」で、ワークブースのインテリアカラーはグリーンで観葉植物があふれています。一人でも心地よく、仕事がはかどりそう。子ども用プレイルームのオブジェや壁紙のイラストには動物や緑が配色されています。

2階のコワーキングスペースには、「ワークブース」のほか、飲食ができる「カフェブース」も
木々の温かみがあるデザインに、観葉植物がアクセント
食事はここで。「カフェブース」
地下1階にあるプレイルーム。託児所ではないため保育士などはいないが、モニターを通して、別フロアで作業中も確認できる

利用料金は、一時利用のドロップインで1日1000円。1時間なら300円。ドロップインでも、1日中施設を利用できるというハードルの低さが魅力的です。もし、もっとヘビーに利用したい、という場合は、月額プランを選んだ方がおトクかも(月額2000円~)。

1階の「ホビースペース」。少人数のクラフト教室などを開催するのにもってこい。ミシンは3台

ちまちま作業をして体ががちがちに凝ってしまったら、地下1階のフィットネススタジオに行くもよし。ヨガマットが完備されており、ヨガでリフレッシュしてもいいですね。至れり尽くせりです。

料理が好きならば1階のレンタルキッチンで、料理教室や、食事つき女子会開催も楽しそうです。ここでなら、フォトジェニックな写真もうまく撮れそう。ホビースペースではミシンも使えます。ミシンは家にないけれど、使いたい機会がたまにある、というときはこちらを利用するというのも手です。

ホビースペースの隣にあるレンタルキッチン。お料理教室や、ちょっとした料理をしながら楽しむコミュニティーのために設計されたそう
珍しいのが撮影ルーム。オークション出品用に見栄えよく撮影するための用具がある

WOOCによれば、コワーキングスペースは、中古物件を活用する例が多く、新築物件として展開するのはレアだそう。ちなみに3階から5階は、同社運営のレンタルオフィス「BIZcircle大森山王」で、完全個室空間にマイオフィスを持ちたい、と考える人にはこちらのほうがよさそうです。

3~5階のレンタルオフィス「BIZcircle大森山王」のスペース。写真は、半個室タイプ

コワーキングスペースの「BIZcomfort大森山王」、レンタルオフィスの「BIZcircle大森山王」、いずれの場合でも、地下1階にいるコンシェルジュを通し利用します。

仕事や作業のイメージの強いコワーキングスペースですが、「BIZcomfort大森山王」はクリエイティブやホビー活動にも打ち込めるサービスにあふれていました。

全国に50施設展開しているBIZcomfortはどこもコンセプトが異なるのが特徴です。3月に開業した「BIZcomfort横浜元町」は潜水艦がモチーフ、「BIZcomfort京都四条烏丸」はワークブースにほりごたつ。「BIZcomfort千葉駅前」はパリの街角にあるビストロをイメージしたそうです。毎回、違う拠点を利用するというのも楽しそうですね。