しゃべるシロイルカ、ナックに会う 水中マイクで返事東海大学 海洋学部 村山司(1)

ナショナルジオグラフィック日本版

シロイルカのナック。
文筆家・川端裕人氏がナショナル ジオグラフィック日本版サイトで連載中の「『研究室』に行ってみた」は、知の最先端をゆく人物を通して、世界の不思議や課題にふれる人気コラム。今回転載するシリーズのテーマは、イルカとヒトの言葉を介したコミュニケーション。人類の未来を考えるヒントも隠れているようです。

◇  ◇  ◇

イルカと話しがしたい――。高校生の時に映画「イルカの日」を見てそう思って研究者を志し、20年以上イルカと話す研究を一歩一歩進めてきた東海大学海洋学部の村山司さん。そのパートナーであるシロイルカの“ナック”と村山さんに会いに水族館へ行ってみた!(文 川端裕人、写真 的野弘路)

とある春の午後、千葉県鴨川市にある鴨川シーワールドにて、こんなセッションが行われた。

女性のトレーナーが、オスのシロイルカ、ナックに「オハヨウ」と呼びかけると、「オハヨウ」と返事がすぐに戻ってくる。

子音が不明瞭で分かりにくいけれど、抑揚はまったく同じだ。

一方で、「オウ」といったかけ声は、ずっと聞き取りやすい。まさに呼べば応える、というふうな完璧な応答だ。「アワワワワ」と女性が言うと、やはり同じように、適切な抑揚とリズムで返事がある。ウグイスの鳴き声を真似た「ホーホケキョ」では、「ホー」と「ホケキョ」の間の「ため」の部分で、いったん声を止める、というところまで絶妙のタイミングで再現した。

なにやら思い出すのは、人間の赤ちゃんが、むにゃむにゃという喃語の世界から出て、はじめて言葉を話し始める時のこと。混沌とした音の連なりが、突然、分節した言語として聞こえてくると、「あ、今、しゃべった!」という新鮮な驚きと感動があるものだ。

ナックとのセッションは、さらに続く。トレーナーが「ピヨピヨ」と言い、素早く帰ってきた反応が、ぼくの耳には「完璧なピヨピヨ」に聞こえた。今まさに目の前にいる愛くるしい生き物が「しゃべっている」と、もはや理屈ではないレベルで納得させられてしまった。

トレーナーとナックのセッション。

ナックは、トレーナーの呼びかけに反応していたわけだが、別に相手は問わない。現在、鴨川シーワールドでは、ナックによるパフォーマンスを毎日行っており、その都度、水中マイクを通じて、来館者と掛け合いをする。その時にマイクの前に立つのが、女性だろうが男性だろうが、子どもだろうが大人だろうが、ナックは同じように、言葉を聞いた上で、模倣する。

ぼくが観覧した時には、未就学児がマイクの前で「おはようー」とかやっていた。ナックはその抑揚をうまく再現して「返事」をしていた。場内は、大いに沸いた。シロイルカのナックから発せられる鳴音が、人間の言葉の真似として受け取られ、さらには「イルカがしゃべっている!」というふうにも認識されて、衝撃を与えたのだと思う。

以上のような描写、あるいは、紹介した動画を「もう知っていたよ」と思った人は多いだろう。というのも、昨年(2014年)の8月、ナックによる人間の言葉の模倣についての論文が、国際比較心理学誌に掲載され、その際に、テレビのニュース・情報番組(NHKとすべての民放キー局!)や新聞で報道されたからだ。ポータルサイトのニュース欄でもトップに出ていた。論文の著者である村山司教授(東海大学海洋学部)は、しばらく各種メディア対応に忙殺されることになった。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ