使ってみて分かった iPhone 11「好調」のワケ大河原克行のデータで見るファクト

iPhone 11シリーズの出足は好調だ
iPhone 11シリーズの出足は好調だ

iPhone 11シリーズが、2019年9月20日に発売されて以降、順調な滑り出しをみせている。BCNの調べによると、2017年9月に発表されたiPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X(以下、iPhone Xシリーズ)の初日の販売台数を100としたとき、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max(以下、iPhone 11シリーズ)の販売開始から20日間の売れ行きは462となった。iPhone Xシリーズの20日間の販売指数572を下回るものの、2018年9月に発表されたiPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max(以下、iPhone XRシリーズ)の20日間の販売実績の407を上回る結果となった。

iPhone Xシリーズの初日の販売台数を100としたときの発売から20日間の販売指数(BCN調べ)

前年のiPhone XRシリーズの販売実績を上回る出足をみせた背景には、2019年10月1日からの消費増税と端末/通話料金の分割プランの義務化により、消費増税前の駆け込み需要や、プラン見直しによる買い得感を背景にした需要増なども追い風となっているようだ。

なお、iPhone XシリーズおよびiPhone XRシリーズは、一部機種の発売時期がずれていたため、全機種とも発売日から20日間の販売台数を合算して指数を算出している。

iPhone 11シリーズの機種別の集計をみると、iPhone 11の構成比が51.5%と約半分を占めている。iPhone XRと比べても価格を引き下げたことがプラスに影響しているといえそうだ。iPhone 11は、全世界規模で見ても好調な売れ行きをみせているようだ。

これに対して、iPhone 11 Proの構成比は36.4%と3分の1以上を占め、iPhone 11 Pro Maxは12.1%と1割強を占めた。この2機種をあわせた上位モデルの構成比は48.5%となっている。

上位モデルの構成比という点で比較すると、2018年のiPhone XSおよびiPhone XS Maxが70.4%であったことに比べると構成比は大きく下回っているが、2017年のiPhone Xの42.2%を上回る結果になっている。

iPhone XR/XS/XS Maxの販売台数構成比と、iPhone 11シリーズの構成比(BCN調べ)

一方で、6.5型のディスプレーを搭載したiPhone 11 Pro Maxの構成比は、2018年発売のiPhone XS Maxの23.0%から減少。大画面需要が減速していることが示された格好だ。