倉庫に行かなくていいの? stockは比喩的にも使うデイビッド・セイン「間違えやすい英語・聞き手編」(21)stock

相手が話した英語を誤解して受け取ってしまった。そんな体験はどなたにもあると思います。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんは「日本人が聞き手として勘違いしやすい英語表現がある」と言います。今回学ぶのは「在庫」「蓄え」を意味するstockにまつわる表現です。

◇  ◇  ◇

ユウカとスティーブがかかわっているいくつもの事業の中には、思うように売り上げが伸びていないものもありました。何かがおかしいと感じたスティーブは、改善を図るべくユウカにあることを頼むのですが、どうも話がうまく通じていなかったようです。

それはこんな会話でした。

Yuka: Are our sales for the new project okay?
Steve: Actually, not really. There seems to be something going wrong.
Yuka: Oh, what's the problem?
Steve: We should take stock of what we're doing.
Yuka: Okay. Where should I go to do it?
Steve: Anywhere. You can do it at your desk.
Yuka: Do I need to check a lot of things on my desk?
Steve: Uh, yes. Maybe you should check as many things as possible.
Yuka: What?!

日本語に訳すとこのようになります。

ユウカ:新規事業の売り上げは順調なのかしら?
スティーブ:実は、あまりよくないんだ。何かがうまく行っていないみたいだよ。
ユウカ:あら、何が問題なの?
スティーブ:やっていることを吟味したほうがいいね。
ユウカ:いいわ。どこへ行ってやったらいい?
スティーブ:どこでも。自分のデスクでもできるよ。
ユウカ:たくさんのことを自分のデスクで調べろですって?
スティーブ:あ~、まあね。できるだけたくさんのことを調べたほうがいいかも。
ユウカ:なんですって!?

みなさんはstockと聞いて何を思い浮かべますか? スープのストック、商品のストック、あるいは知識のストックでしょうか。または株式という意味でなじみのある方もいるかもしれません。ですが、このstockを用いたWe should take stock of what we're doing.という表現は耳慣れないかも知れませんね。スティーブが発したこの言葉を聞いて、ユウカは次のように思いました。

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧