powered by 大人のレストランガイド

だしがジュワ~ッ 手土産にうれしい進化系いなりずし

福岡の人気店が東京に初進出。「だしいなり海木」の「だしいなり」(4個入り)
福岡の人気店が東京に初進出。「だしいなり海木」の「だしいなり」(4個入り)

手軽に食べられ、日本人に長く愛されてきたいなりずし。安価で庶民的なイメージがあるが、名店のこだわりが詰まったいなりずしは手土産や差し入れとして喜ばれ、ころんとした見た目の愛らしさからスマートフォンで撮影してSNS(交流サイト)にアップする人も増えている。話題の新店から業界人御用達の人気店まで、都内のいなりずし専門店を紹介する。

まずは、今年9月27日に日本橋にグランドオープンした「コレド室町テラス」内の「だしいなり海木(かいぼく)日本橋店」。海木は福岡・博多に本店を構える日本料理店で、「だしいなり」は料理のシメとして提供されていたもの。2011年の東日本大震災で被災し、福岡に移住した関東の人々からこのだしいなりが支持されたことがきっかけで、東京での百貨店の催事などへの出店が増え、その度に行列ができるようになった。19年9月には博多の店がだしいなり専門店としてリニューアルし、同じタイミングで関東初出店となる日本橋店も誕生した。

だしいなりの魅力は名前の通り、だしが染み込んだ軟らかい油揚げ。熊本の特産品である「南関(なんかん)揚げ」を使っている。長期保存ができるよう乾燥させてあるもので、戻す前や戻している間に破れやすい。そのため、海木では試行錯誤しながら揚げ職人と共にオリジナルの南関揚げを開発した。

油抜きをしてから特製のカツオだしでじっくり煮ふくめ、だしを絞らずに仕上げる。ここでしか味わえないだしいなりを完成させた。甘みとうま味のあるだしをたっぷり含んだだしいなりは、SNS上でも「並んででも食べる価値あり!」と絶賛されている。

だしいなりは4個入り(1200円・税別)、8個入り(2400円・税別)の2種類があり、いずれもご飯には具材は入っておらず油揚げとシンプルな酢飯のみ。「時間をおくと中のご飯がおだしを吸ってしまうので、温かいうちに召し上がってください」と、だしいなり海木女将の岡林幸子さん。まだほんのりと温かさが感じられる箱を受け取って、すぐに試食してみた。

箸で押すと、弾力のある油揚げに染み込んだだしがジュワ~ッとあふれ出す!

だしは油揚げからしたたりそうなほどたっぷりとしみ込んでおり、箸で持ち上げてみると、思った以上にずしりと重い。ひと口食べると、上品なだしが驚くほどジュワ~と口の中に広がる。軟らかくふっくらとした油揚げはかむほどにうま味が増していく。いなりずしでありながらだしそのものを味わっているような感覚は極上品の風格で、庶民的ないなりずしとは一線を画している。行列に並んででも食べたい理由が分かった気がした。

施設がオープンする平日の朝10時に同店を訪れた時は、同店の前にはすでに列ができ始めていた。作り置きができないため、朝一番で作った分がなくなると、それ以降は整理券を配布し指定の時間に受け渡しをするという方法を取っている。店内にはイートインスペースも設けられているが、現在は予想以上の混雑のため、そのスペースは使っておらず、当面テークアウトのみの販売となるそうだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド