発電に浄水… 災害時に便利なアウトドア用品7選

アウトドアで役立つアイテムは、電源なしで使えたり、複数の機能がコンパクトにまとまっていたりなど、災害時にも役立つものが多い。今回は、そのまま災害時にも活用できそうなアウトドアガジェットを紹介する。

電動ファンで効率的な燃焼、充電器にもなる

BioLite 
CampStove 2(キャンプストーブ2)(税別1万6900円) 
https://www.bioliteenergy.jp/menu44/contents606

アウトドアブームの中で注目されているのが、小枝などのまきや、おがくずなどを圧縮して成形した木質ペレットを燃料とするネーチャーストーブだ。空気の対流を作って効率的な燃焼を促進する構造だったり、火吹き棒などで空気を送り込んで火力を得たりするなど様々な方式がある。そんな中、電動ファンで空気を送り燃焼効率を向上させたストーブが、BioLiteの「CampStove 2(キャンプストーブ2)」だ。

2600ミリアンペアのリチウムイオン電池を内蔵し、その電力でファンを回す。燃焼室で発生する熱と外気の差を利用して発電する仕組みを持っており、余剰電力はリチウムイオン電池に再び充電される。発電ユニットにはUSBポートがあり、スマートフォンの充電や付属のフレックスライトを接続して周囲を照らすことも可能。

電動ファンで安定した空気供給ができるので、コンロとしても優秀。少ない燃料で安定した火力を維持し、燃え残りもほとんどないので片付けも簡単。

燃料が貴重な非常時でも、使い終わった割り箸や捨てるしかない廃材などを無駄なく燃料として活用しつつ、必要な電力を充電できる。停電時にもありがたい存在になること間違いなしだ。

15秒で浄水できる水筒型浄水器

GRAYL 
UL.ウォーターピュリファイヤーボトル(税別6980円) 
https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1899151

キャンプや登山において清潔な水を確保することは大事だ。そのときに便利なのが浄水器。災害時にも役に立つ。浄水器には様々な種類があって、水タンクをつるして重力で浄水フィルターを通す方式やポンプで水をくみ上げてフィルターを通すタイプ、ストロータイプで吸い込む力で浄化するなど浄水能力と利便性に応じ価格も様々だ。

細菌などを取り除いて、飲料に適した状態にするには目の細かいフィルターが必要になる。細かなフィルターでろ過するには高い水圧が必要で、それが課題だった。

米GRAYL(グレイル)の「UL.ウォーターピュリファイヤーボトル」は、ウイルスやバクテリア、寄生虫などを99.999%以上除去できるフィルター性能ながら、1回のろ過(473ml)を15秒で完了できる仕組みを備えている。浄水器がそのまま水筒になっているので水をくむだけで浄水できる。

これなら途中の水場でもすばやく浄水することが可能だ。フィルターも交換できるのでリーズナブル。普段は登山やキャンプで使用しつつ、いざというときに備えるアイテムとしても大げさな感じがないのがよい。

いざというときに助かるツールナイフ

ビクトリノックス 
ハントマンライト(税別6720円) 
https://www.victorinox.com/jp/jaProducts/p//p/1.7915.T

アウトドアでは缶詰があるのに缶切りがないとか、瓶ビールを持ってきたのに栓抜きがない、などといった事態が起こりがち。そんなときに便利なのがマルチツールだ。

災害時においても、必要な道具を全て持ち出すのは重さや大きさなどの面でハードルが高い。一つ一つの機能は物足りなくても一通りの道具がコンパクトにまとまっているのが重要だ。

ビクトリノックスのツールナイフは「スイスアーミーナイフ」としても名が知られている。エベレスト登山のメンバーが雪崩にあったときに、身につけていたスイスアーミーナイフで窮地を脱したなどのエピソードにも事欠かない。

「ハントマンライト」は、そんなツールナイフの基本機能を持っているだけでなく加圧ボールペンやLEDライトなど日常生活でも役に立つ機能を詰め込んだモデル。

複数サイズのマイナスドライバーやプラスドライバーなど、生活用品のメンテナンスや修理に使えるツールが充実しているのも評価ポイントだ。ボールペンなどは、アウトドアや災害時などに限らず意外と持っていないこともあるので、備わっていると助かることも多い。

MONO TRENDY連載記事一覧