2019/10/31

ハンドトゥースのジャケットでは柄の中に白が多く入っていることに注目して白のボタンダウンシャツを持ってくると、すっきりクリーンな印象に。ボトムはホワイトのチノパンツ。「シンプルな大人のボタンダウンの着こなしです。これにホワイトジーンズをはくのもいいでしょう」。チーフは白ですっきり。上級なカジュアルだ。

おしゃれに必須のアイテムはチーフ。きれいという第一印象で買い、バリエーションを増やそう

どちらの着こなしも仕上げに重要なアイテムは、ポケットチーフだ。「このようなカジュアルなスタイルにも、チーフをさすだけで、おしゃれになるんです。そもそも、ジャケットの胸ポケットはチーフを入れるためにあるのですから」

鴨志田さんはコレクターといえるくらい、たくさんポケットチーフを持っていると話す。「自分がいまさしているチーフは10年前くらいに買ったものです。色合わせがちょっと難しいので、使うのはまだ2回目です」。スタイリングの楽しみを倍増させる、こうした小物類は、できるだけバリエーションを持つことだと言う。選び方、買い方のポイントは「見て、かわいいな、きれいだな、という第一印象だけ。合わせるものなどどうでもいいんです」。むしろ、あのジャケットに合わせるからこれ、という選び方をしていると「コーディネートが決まりきってしまう」。ポケットチーフはネクタイほど個人の趣味が強いものではないことから「女性から男性に贈るギフトとしてもいいでしょう」。

ダブルのジャケット、インナーをTシャツにしてもさまに

今度は薄いベージュのウインドーペンに挑戦。タートルニットは同じ色調のクリームを合わせて全体をベージュでまとめる。「こうしたトーン×トーンの組み合わせは知的な印象を出せます。リッチなイメージですよね」

おなじみのネイビージャケット(左)は素材にこだわりダブルを選ぶ。ウインドーペンのジャケットは全体をベージュでまとめてリッチに

定番として真っ先に挙がるネイビージャケットの新しい着方はどうするか。鴨志田さんが選び出したジャケットは、秋冬物だが軽さがある、ダブルブレストのジャケット。織りに凝った素材の面白さが個性的で、ニットジャケットのような軽さもある。「このジャケットは昔のトラッドスタイルではありえなかったでしょうね。子供っぽさがないネイビージャケットです」

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram