2019/10/31

鴨志田さんはダブルのジャケットやスーツが好きで、実際に着ることも多いという。その理由をこう話す。「ダブルはそれだけで派手に見えて、さらっと着ただけでもさまになります。だからインナーをTシャツにしてもさまになる。むしろそのくらい抜けた感じで着こなすのがいい」。選択したのは濃紺のシンプルなインナーだ。パンツはきれいなラベンダー色にした。

コーデュロイは細ウネよりも、中ウネ~太ウネの方がドレープがきれいに出るという

最後に、茶のコーデュロイのセットアップを手に取った。単品でもスーツとしても着られて上品さもある。コーデュロイはこの秋冬もトレンドとなりそうだ。鴨志田さんがおすすめするのは「太ウネに近い中ウネ。細ウネがパリッとしているのに比べ、太ウネと中ウネはドレープが出て、リラックスした感じが出る」。

コーデュロイのセットアップはそれだけで雰囲気が出るので、トーンを合わせてコーディネート。「ニットを合わせてもタイドアップしてもいけます。ニットのパープルの色合わせもすてきです」。タイドアップのスタイルのネクタイはオレンジとパープルが入った独特のカラーリング。鴨志田さんがいち早く購入したという新作だ。

(Men's Fashion編集長 松本和佳)

SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram