茶系スーツに挑戦 ブルー・ラベンダーシャツで個性色を楽しむ秋冬の装い 鴨志田康人さんに学ぶ(上)

2019/10/30

売り場にも茶系のスーツやジャケットが充実している。「実は1980~90年代以来、日本で茶系のブームは久しぶりなんです。業界では3シーズンくらい前からトレンドになっていますが、一般的にはこの秋冬から気にしている男性が多いのでは。茶のファンの私としてはうれしいですね」

「茶に合わせられるものは無限。迷うくらいです」と話しながら小物を選んでいく

「茶は個性を発揮できる色。ポジティブなスーツの楽しみ方を提案していきましょう」。そう話しながら選んだのは茶系のスーツ2着。チェックのスリーピースと、細かいハウンドトゥース(千鳥格子)のツーピース。後者は鴨志田さんが着用しているものと同じ品だ。「どちらもトーンが明るい茶色であることにも注目してください」。日本人は濃色のスーツを制服っぽく着ることが多い。「明度の明るいものはソフトで新鮮。茶も決して難しくありません」

靴も茶色に、タイの素材を近づけてこだわる

まずはチェックのスリーピースを使ってシャツを合わせていく。「茶系の場合、一番相性がいいシャツはライトブルー。だれでも似合い、ネクタイが合わせやすい。迷ったらブルーです」

茶系スタイルが好きという鴨志田さんはホースビットの靴と靴下を茶でまとめていた

締めるのは紺ベースのネクタイだ。「イタリア人が好きな飽きのこない組み合わせ『アズーロ(青)・エ・マローネ(茶)』は世界に通用するスタンダードな着こなしです」。同じ紺のタイでもサテン地にかえると少し都会的になる。「サテン地の光沢で雰囲気が変わる。自分なら靴も茶色にして、つや消しのタイならスエード、サテンならカーフにと、靴とタイの素材を近づけて、こだわりたいですね」

シャツの色の変化球としておすすめするのがラベンダーのシャツだ。中間色の良さは艶っぽさ、大人の色っぽさが出せるところにあると鴨志田さん。ぐんとしゃれた雰囲気になった。「実はラベンダーはネイビーにもチャコールグレーにも合う。ちょっと目立ちたいときにはとても便利な色で、1枚あると重宝しますよ」。上級者向けには薄いピンクもおすすめだ。

ラベンダーシャツは艶っぽさを出すのにぴったり。ネイビーやグレーのスーツにも合う便利な色だ

白シャツも合わないわけではない。ただ、茶に白だとやや寂しい感じになると指摘する。「茶は暖かみがある色なのでVゾーンにも暖かみを出せる色、ベージュクリームくらいが適当かな」

Watch Special 2020
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
次のページ
中間色を取り入れ艶っぽいビジネススタイルに
Watch Special 2020
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト