powered by 大人のレストランガイド

とろーり流れる黄身! 米国発人気朝食レストラン3選

米国ロサンゼルス発の卵料理専門店「エッグスラット」の名物料理「スラット」(850円・税別)
米国ロサンゼルス発の卵料理専門店「エッグスラット」の名物料理「スラット」(850円・税別)

ここ数年、パンケーキに端を発した朝食ブームが起きている。「エッグベネディクト」「エッグスラット」「エッグロスコ」といった卵を使ったメニューが次々と話題になっている。

いずれも米国が発祥で、トロリと黄身が流れる半熟卵が特徴だ。これらを考案した、あるいは名物とする朝食レストランは地元民や観光客で朝早くから行列ができるほど。こうした有名店は日本にも上陸し、いずれも人気を博している。

今年9月、東京・新宿駅南口から代々木に抜ける遊歩道・新宿サザンテラスにオープンしたのはロサンゼルス発の卵料理専門店「エッグスラット」。

「当店は2011年に1台のフードトラックからスタートしました。『LAセレブに愛される朝食』としてブームを起こした『エッグスラット』発祥の店で、ダウンタウンに構えた初の実店舗は今もなお行列が引きを切らない人気店です。米国内で5店舗、海外ではクウェートとロンドンでも展開しており、今回の新宿サザンテラス店は日本初、アジア初の出店となります」と語るのは同店を運営するフレーバーワークスのプレス担当・黒田千尋さん。

エッグスラットとはガラス瓶の中にピュレ状になったポテトを詰め、その上に生卵を落として湯煎した料理。瓶の中でポテトと卵を混ぜ、スプーンですくって軽くトーストしたバゲット(フランスパン)につけて食べる。

「ポテトピュレと卵の組み合わせはフランスの家庭料理などにもありますが、ガラス瓶に入れて湯煎したところに当店のオリジナリティーがあります。これはフードトラックの限られたスペースでおいしいものを提供しようとした結果、生まれた調理法とのことです。黄身はほとんど生のままで白身だけが固まる低温で時間をかけて湯煎しています」(黒田さん)

実はエッグスラットの流行は5年くらい前にすでに日本にも飛び火し、レシピ投稿サイトで作り方が紹介されたり、カフェのメニューになったりしていた。つまり、今回の日本初上陸は「エッグスラットの発祥の店」が満を持して登場した形となる。

「エッグスラット」はJR新宿駅南口から代々木に抜ける遊歩道・新宿サザンテラスにある

「本家本元」の味をさっそく試食する。卵にスプーンを入れると、プルプルの白身の中から黄身がトロリと流れ出す。絶妙な火入れ加減であることがよく分かる。ポテトピュレと混ぜて食べてみると、ほんのりと甘く、舌触りもなめらかで上品なフレンチのよう。

ポテトサラダでもポタージュでもない、ディップのような、またオープンサンドのような新感覚の朝食だ。

ちなみに「スラット」とはスラングで「野郎」といった意味。つまりは「卵野郎」=「卵好き」ということになろうか。店名の語感とフードトラック、それと出てくる料理の完成度の高さのギャップがLAセレブを魅了したのかもしれない。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド