窯元やカフェで器を堪能 散策したい焼き物の里10選

窯元を見学したり、器を堪能できるカフェを訪ねたり。秋は焼き物の街を巡るいい季節。街歩きが楽しい焼き物の里を、専門家に聞いた。

■1位 有田・伊万里(佐賀県有田町・伊万里市)720ポイント
日本初の磁器産地 着物で巡る

16世紀末、豊臣秀吉の朝鮮出兵に加わった鍋島直茂が陶工を連れ帰ったのをきっかけに、日本初の磁器の産地となった。乳白色の素地に鮮やかな彩色の「柿右衛門」や精密な文様の「鍋島」などが伊万里の港から世界中に運ばれた。

膨大なコレクションで知られる佐賀県立九州陶磁文化館や柿右衛門窯はJR有田駅が最寄り。JR上有田駅近くの山あいにある有田皿山通り周辺には今右衛門窯、香蘭社、深川製磁など窯元やギャラリーが多い。路地には登り窯に使うレンガを積み、赤土で塗り固めたトンバイ塀が連なり、風情ある街並みを堪能できる。「歩いているだけで楽しめる。陶石を掘り出していた泉山磁石場も見てほしい。おすすめはモダンなホテル・レストラン『arita huis(アリタハウス)』」(高橋俊宏さん)

有田中心部から車で30分の距離にある伊万里市にも見どころがある。「絵に描いたような美しい景観が広がる秘窯の里、大川内山も見逃せない」(ステファン・シャウエッカーさん)。11月20~24日は秋の有田陶磁器まつり。通常非公開の、炎が噴き出す窯に職人がまきを入れる作業の見学や、レンタル着物による街歩きができる。

(1)主な観光地と交通手段 佐賀県立九州陶磁文化館はJR有田駅から徒歩12分(2)情報サイト https://www.arita.jp/(有田観光協会)

■2位 小鹿田(大分県日田市)670ポイント
土つく音、薪燃える音…昔ながら

小鹿田(おんた)焼は江戸中期に幕府直轄の天領だった日田が産地。民芸運動を唱えた柳宗悦が紹介し、広く知られるようになった。「川の流れで土をつく唐臼の音、登り窯の薪が燃える音、文様を付ける飛び鉋(かんな)の音。街を歩くと、焼き物の原点を実感できる」(坂井基樹さん)。昔ながらの工程が間近でみられ、タイムスリップしたような感覚が味わえる。「民芸の精神が受け継がれている地。小鹿田焼の里の登り窯はインスタ映えも抜群!」(山本毅さん)

日田市立小鹿田焼陶芸館で歴史や技法を学び、9軒の窯元を巡り、茶屋の小鹿田焼の器で食事を味わうのが定番コース。12、13日に開く小鹿田焼民陶祭では展示即売やご当地グルメも楽しめる。

(1)小鹿田焼陶芸館はJR日田駅からバス35分(2)https://www.oidehita.com/(日田市観光協会)

■3位 益子(栃木県益子町)610ポイント
若手ギャラリー 外国人の姿も

民芸運動で知られる陶芸家の浜田庄司が暮らした、関東有数の焼き物の産地。近年は若手作家の工房やギャラリー、こだわりのカフェやショップが増え、若者や外国人が来訪。「陶芸に興味があれば外国人でも誰もが知る街。浜田庄司記念益子参考館はぜひ訪れたい。カフェを併設する『スターネット』もおすすめ」(ロバート・イエリンさん)

メインストリートの城内坂通り沿いに陶芸店やカフェが並ぶ。陶芸教室や観光農園でのイチゴ狩り、酒蔵見学などと合わせる人も。11月1~5日は秋の陶器市。「ちょうど気候もよく、散策するにはうってつけ。おしゃれなカフェもあり、また行きたいと思わせる」(西島奈留美さん)。

(1)益子参考館は真岡鉄道益子駅から徒歩35分(2)http://www.mashiko-kankou.org/(益子町観光協会)

■4位 丹波(兵庫県丹波篠山市)510ポイント
デザイン多彩 目を引く蛇窯

窯で燃やす薪の灰と釉薬(ゆうやく)が溶け合う独特の模様「灰被(かぶ)り」で知られる。最近は個性的な器をつくる窯元も増えた。山に囲まれた立杭(たちくい)地区を中心に60軒ほどの窯元が集まり、立ち並ぶ煙突や斜面に長く伸びた蛇窯が目を引く。

立杭陶の郷や兵庫陶芸美術館を推す声も。「美術館には地元食材を使うレストランがあり、デッキから里が見渡せる。窯元巡りは普通の家の裏庭を通るようで楽しい」(森由美さん)。19、20日は丹波焼陶器まつり。丹波栗や黒豆など秋の味覚も人気。

(1)兵庫陶芸美術館はJR相野駅からバス15分(2)https://tourism.sasayama.jp/association/(丹波篠山観光協会)

■5位 壺屋・読谷山(沖縄県那覇市・読谷村)490ポイント
裏路地散策 土の匂い

素朴で力強く、独特な色合いの沖縄の焼き物、やちむんのファンは多い。17世紀後半、首里王府が3つの窯場を統合してできた産地が壺屋だ。壺屋やちむん通りに焼き物の店が軒を連ね、路地に入れば工房が並ぶ。

市街地にある壺屋で薪を燃料に使いにくくなり、窯元の一部が読谷村に移転した。「壺屋を巡るのは楽しく、裏路地も散策したい。読谷は薪窯を使う窯元が多く、土の匂いがする」(永峰美佳さん)。11月22~24日は壺屋陶器まつり。陶工が技を競う「カーミスーブ」は必見。

(1)那覇市立壺屋焼物博物館はゆいレール牧志駅から徒歩10分(2)https://tsuboya-yachimundori.com/(壺屋やちむん通り会)