保育園は母親を幸せにする 子どもの発達にもプラス東京大学大学院 山口慎太郎准教授(下)

山口慎太郎准教授(右)と白河桃子さん(左)(撮影:吉村永)
山口慎太郎准教授(右)と白河桃子さん(左)(撮影:吉村永)

結婚・出産・子育てというライフイベントを経済学の観点から分析している、東京大学大学院の山口慎太郎准教授は著書『「家族の幸せ」の経済学』(光文社新書)で保育園は母親と子どもの双方にプラスの面が大きいとしている。前回の「『父親が育休取ると子の偏差値があがる』って本当?」に続いて、詳しく伺った。

母親は経済面と心理面のストレスが減る

白河桃子さん(以下敬称略) 先生は著書の中で、子育てとキャリアの関係について、女性がモヤモヤしがちな思い込みを、エビデンスに基づいていくつも否定してくださっています。せっかくですので、いくつか聞かせてください。例えば、保育園と子どもの発達の影響。「保育園に預けてまで働くのはかわいそう」と、退職に踏み切る女性も多いのですが、実は保育園は子どもの発達にむしろプラスなのだと書かれていますね。

山口慎太郎准教授(以下敬称略) 保育園や幼稚園で行われる集団の幼児教育は、子どもの発達にとてもよい効果があることは、発達分野の研究でもかなりの報告がありますね。ただし、早期に文字や計算を習得させるような英才教育については、「短期的な効果はあるが、人生に影響を与えるほどの知能レベルの差は生まない」といわれています。

一方で、より重視されているのは、行動面への影響です。子どもがストレスを抱えたときに他者や物を傷つけてしまう攻撃的な行動をとってしまうことがあるのですが、「経済的に恵まれていない家庭の子どもが保育園に通うことで、子どもの攻撃性が有意に減少した」ということを私たちの研究グループが発見しました。厚生労働省が8万人を対象に追跡した「21世紀出生児縦断調査」から得られたデータを分析した結果です。

白河 親にとってはありがたいことですよね。さらに、子どもを保育園に通わせることで、「母親の幸福度も高める」のだとか。

山口 これは推測半分ですが、保育園に通うと母親が継続的に働けるので家計所得が上がり、経済的な心配が減るということが大きいと思います。さらに、「毎日24時間、自分が子どもを見守らないといけない」というプレッシャーからも解放される。経済面と心理面の二つのストレスが減ることで、母親の幸福は上がるのではないかと見ています。

白河 保育園に預け始める期間については、かつて家庭保育を重視する政府が「3年抱っこし放題」と発信して論議を呼んだことがありましたね。でもあまりにも不評でしたし、その話は有識者会議にも議題とならなかったので、立ち消えになったのだと思います。現状の「最長2年」という育休期間は、保育園に入るための延長措置という意味合いが強いですし、3年取得が認められているフランスでも実際に3年休む人は少ないと聞きます。「育休3年の効果」については海外でどう検証されていますか。

山口 3年以上育休が取れる国の代表例としては、フランスやドイツがありますね。この育休期間が女性の就労にどう影響したかという調査を見てみると、育休取得3年後に女性の就労は減ったことが分かっています。

フランスでは90年代まで第3子以降に限定していた育休3年の条件を撤廃した結果、3年取得する女性が増えたのですが、その結果、何が起きたかというと、家庭内の性別役割分担が固定化してしまった。「女性は家で子育てをして、男性は外で仕事をする」という構造がより進み、女性の就業が停滞してしまった。

ここまでは予測されたことだったのですが、さらには、子どもの言語発達にあまり良くないという指摘がされるようになりました。1歳を過ぎると、親以外の大人や子どもたちと関わることで言語能力や知能が発達することが分かっているのですが、家庭内に閉じた子育て期間が増えることで、その機会が失われてしまった可能性があるのです。

女性の長過ぎる育休取得は、男女平等、女性の労働市場への進出、子どもの発達という3つの観点から、あまり望ましくない結果が出たという評価があります。