無傷の沈没船 19世紀悲劇の北極探検隊の謎に光明?

日経ナショナル ジオグラフィック社

ジョン・フランクリン卿の遠征隊が英国を出港した1845年当時、テラー号とエレバス号は最新鋭の軍艦だった(PHOTOGRAPH BY ILLUSTRATED LONDON NEWS, GETTY)
ナショナルジオグラフィック日本版

1845年、カナダの北側を通って大西洋と太平洋を結ぶ「北西航路」を開拓すべく、ジョン・フランクリン卿が指揮する探検隊が英国を出発した。彼らが乗り込んだ2隻の英海軍の艦船エレバス号とテラー号は、その後長らく行方不明となっていたが、2014年と2016年に相次いで沈没した姿で発見された。

このほど政府機関パークス・カナダの考古学チームが、遠隔操作の無人潜水機を使ってテラー号の内部を潜水調査したところ、極めて良好な状態を保っていることが判明した。

「驚くほど無傷です」と、調査プロジェクトのリーダー、ライアン・ハリス氏は話す。「とても170年前に沈没した船とは思えません。これほど良い状態の沈没船はめったに見られません」

テラー号は、北極圏に浮かぶカナダのキング・ウィリアム島の沖で発見されたが、これまで徹底した調査は行われていなかった。2019年8月、海は例年よりも穏やかで水の透明度も高かったため、パークス・カナダのチームはイヌイットの人々の協力を得て、沈没船を7度にわたり探査した。極寒の海で、ダイバーたちは素早く行動し、メインハッチの昇降口と乗組員室、士官食堂、船長室の天窓から小型の無人潜水機を船内に入れたのだ。

「部屋と区画を合わせて20カ所、調べることができました」とハリス氏は話す。「どの扉も、不気味なほど大きく開いていました」

小型の無人潜水機が映し出した光景を見て、ハリス氏らは驚きと歓喜の声を上げた。食堂の棚に収納されたガラス瓶やディナープレート。配置が変わった気配のないベッドや机。ケースに入れられた計器類が見えたからだ。船内は、大部分が堆積物に覆われているため保存状態が良く、航海日誌、海図、写真なども見つかる可能性もある。

英国の軍艦テラー号の内部を調査するため、天窓から無人潜水機(ROV)を挿入する考古学者(SCREENSHOT COURTESY PARKS CANADA, UNDERWATER ARCHAEOLOGY TEAM)

「堆積物、冷たい水、暗闇という条件のおかげで、完璧に近い嫌気性環境になっています。布や紙など、本来、分解されやすい繊細な有機物の保存に最適な環境なのです」とハリス氏は説明する。「衣類や書類を発見できると思います。判読可能なものも見つかるかもしれません。船長室の棚にはたいてい地図が置かれていますが、巻かれたり折り畳まれていたりする地図なら、損傷しないで残っている可能性も十分あります」

残念ながら、船長が寝泊まりする区画だけは調べることができなかった。おそらく船長は最後まで扉を閉めていたのだろう。「船内で唯一、この扉だけが閉じられていました。扉の奥に何があるのか、興味は尽きません」

ナショジオメルマガ