できる男の財布はミニ 旬な小物に敏感な女性くぎ付けファッションディレクター 清水久美子

ミニ財布と小銭入れの組み合わせも、おそろい素材ならおしゃれ偏差値は70超え。ミニ財布 予価67,000円、小銭入れ 予価28,000円(プラダ/プラダ クライアント サービス)
ミニ財布と小銭入れの組み合わせも、おそろい素材ならおしゃれ偏差値は70超え。ミニ財布 予価67,000円、小銭入れ 予価28,000円(プラダ/プラダ クライアント サービス)

古来よりモテる男性の要素として欠かせないのが、そう、機を見るに敏な行動力。刻々と変化する状況の潮目を読み、狙った得物を分析、即クールに対応、なんていう狩人のような能力は、女性の守られたい願望をたまらなく刺激します。例えばトム・クルーズ主演「ミッションインポッショブル」がロングセラーなのも、危機を涼しい顔で乗り越えるトム様に、世界中の女性の心が何度でも高鳴るからこそ。「仕事の修羅場こそ、恋の発展場よ」という丸の内界隈(かいわい)の“民話伝承”は、あながち侮れない真理なのです。




そんな女性の大好物な要素を、どうやったら印象づけられるのでしょう。「そりゃ才能の問題でしょ」とは、お疲れ気味のダーリンのセリフ。けれど、実はたったワンアイテムで、そんな印象を確実に与えられる好機が到来していることを、この和製トム様は気づいていないのです。

■キャッシュレス化の波を受けアイテム充実

では、そのワンアイテムとは何でしょう、それが、そうミニ財布。キャッシュレス化の波を受け、メンズ使用のミニ財布が今年の秋にはますます充実。これに変えるだけでお会計の瞬間に、女性の目はぱっとこのアイテムに注目。時代を分かっている感と、スマートな行動力が印象づけられるのです。

「え?お財布で?」と思うなかれ。実は女性は男性の小物使いに敏感なもの。中でもメガネに名刺入れ、そしてお財布は、基本毎日持っているもの。だからこそ、そのチョイスや扱い方に、本音の趣味や価値観などをじんわり感じたりするものなのです。

パンパンに領収書や駐車券など入っているワイルド財布、パイソン、スタッズなどやんちゃ臭がするキャラ財布、かと思えばまったく物事にこだわりのない感満載のほつれ財布などなど、財布を集めれば、それは人間性の見本市のようなもの。だからこそ今抜かりなく、お財布の旬を押さえるのは、おしゃれな印象なだけでなく、時代のタイミングを読み間違えないクール&スマートな印象に直結。この激動の時代も、トム様並の対応力で乗り越える、そんな「やるわね……もう」な好印象を持たれるのです。そういった意味では安い投資とも。

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019