詐欺メール 悪徳業者がアドレス入手する6つの手口

日経PC21

詐欺メールや迷惑メールが届くのは、悪徳業者があなたのメールアドレスを把握しているためだ。アドレスを入手する主な手段は上の6つ。文字列を機械的に1文字ずつ変えて無作為に送信する業者もある
詐欺メールや迷惑メールが届くのは、悪徳業者があなたのメールアドレスを把握しているためだ。アドレスを入手する主な手段は上の6つ。文字列を機械的に1文字ずつ変えて無作為に送信する業者もある

「登録した覚えのないメールマガジンが毎日のように届く」「見知らぬ出会い系サイトからの宣伝メールが止まらない」「『アカウントがロックされたので更新してください』というメールは本物?」……。そんな悩みを抱えている読者は少なくないだろう。特定のメールアドレスを長く使っていると、いつの間にか大量の「迷惑メール」が届くようになるものだ。

迷惑メールが受信トレイを埋め尽くせば、削除するのが面倒なだけでなく、重要なメールが埋もれてしまう。さらに、個人情報や金銭をだまし取ろうとする「詐欺メール」も多い。興味本位でクリックしたり返信したりすれば、思わぬ被害に遭う恐れがある。

こうした迷惑メールや詐欺メールの問題を解決し、安全で快適なメール生活を送れるようにするためには、迷惑メールが届く原因やそれを止める方法、詐欺メールの見破り方などを、きちんと理解しておきたい。

悪徳業者はメールアドレスをいかに入手するのか

電子メールアドレスは、文字通り住所のような役割を担う。メールを送る側が、宛先のメールアドレスを正しく指定して初めてメールは届く。裏を返せば、あなたのアドレスに詐欺メールや迷惑メールが届くということは、あなたのアドレスが悪徳業者に知られている可能性が高いということだ。

悪徳業者がメールアドレスを入手する方法はいろいろある。代表的な手口を6つ紹介しよう。

悪徳業者にとって最も手っ取り早い方法は、メールアドレスのリストをまとめて買うことだ。実はメールアドレスを含む個人情報は、数多くの名簿業者が販売している。一定のルールを守りさえすれば、名簿の売買は合法だからだ。

メールアドレスなどの個人情報は、実は名簿業者から購入できる。悪徳業者がこのようなリストを何らかの方法で入手し、メールを一斉送信している場合もある
「メールアドレス リスト 販売」というキーワードでネット検索すると、個人情報の販売サイトが多数表示される。適正な手段での売買は、必ずしも違法ではないからだ

個人情報の第三者提供は、原則として本人の同意が必要だが、利用目的や利用項目、提供方法、利用停止の受け付け方法などを本人に事前に通知、または本人が容易に知ることができる状態にあれば、同意がなくても認められる。同意書や契約書に第三者提供に関する記述があり、気付かぬうちに個人情報が転売されていた、などということはあり得る話だ。

パソコンやスマホがマルウエア(ウイルス)に感染して、情報を盗まれることもある。ウェブページやアプリの中に情報の収集を目的としたマルウエアが仕込まれていると、その閲覧や実行により、端末内にある個人情報が悪徳業者に送信されてしまう。

悪意のあるコードが仕込まれたウェブページを閲覧したり、アプリを実行したりすると、「トロイの木馬」と呼ばれるマルウエア(ウイルス)やその亜種に感染することがある。アドレス帳などの情報を自動送信されたり、遠隔操作で盗まれたりする恐れがある

ウェブページやブログ、SNSなどに連絡先としてメールアドレスを記載している人も、格好の餌食だ。アドレス収集を目的としたロボット(プログラム)を使い、機械的に収集している業者もある。

ウェブページにメールアドレスを書き込むと危険だ。悪徳業者は人の手やロボット(自動処理するプログラム)の力を借りてそれらをリスト化し、メールを一斉送信する。SNS や動画サイトのコメントなどにメールアドレスを記載するのは危険だ