MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

キャッシュレス時代にぴったり いまどき「ミニ財布」 納富廉邦のステーショナリー進化形

2019/10/10

キャッシュレス決済が普及してきた今だからこそ選びたいミニ財布を紹介する

2019年10月の消費税増税に伴ってキャッシュレス決済のポイント還元策も始まる。このタイミングで支払いを現金からキャッシュレス決済に変えようと考えている人も多いだろう。だとしたら、財布もコンパクトに変えてはどうか。「見たら必ず欲しくなる 革財布のすごいイノベーション」で財布の進化を解説したライターの納富廉邦氏が、お薦めのミニ財布3製品を紹介する。

◇  ◇  ◇

官民足並みをそろえてキャッシュレス化が推進される中、では財布が要らなくなるかというと、まだそういうわけでもない。キャッシュレス化が今より進んだとしても、現金しか使えない店がなくなるわけでもなく、現金を使わないからといって、領収書や控えは紙で渡されたりして、それらを収納するのは、やっぱり財布が便利なのだ。

とはいえ、もはや大量の現金を持ち歩く時代ではないのも確かだ。財布もコンパクトなもの、薄いものが売れてきている。いまだに「金運的に札を曲げない長財布がいい」とか、「とにかく何でも財布に入れるから大きいほうがいいい」という人たちもたくさんいて、大きなジッパー型の長財布にも需要はあるけれど、ポケットに入れても邪魔にならない、出し入れしやすい財布の需要は明らかに増えている。それに呼応するかのように、コンパクトだけれど便利な財布も次々に登場しているのだ。

もはや、登場して10年近くなる、バリューイノベーションの「薄い財布」や、cyproductの「カード&コインパース」、手前味噌ながら私がプロデュースしたsafujiの「キー付ミニ財布」などは、「殿堂入り」といってもいいようなコンパクトな財布だろう。そのくらい、コンパクトな財布もジャンルとして定着してきた。

今回は、そんなジャンルから、まだ比較的知られていない、または新しい製品の中から、実際に使って、これは良いと思ったミニ財布を3つ、選んでみた。このあたりが、コンパクトな財布の最前線だと思う。

■エムピウ「ストラッチョ リスシオ」

エムピウ「ストラッチョ リスシオ」7500円+税。究極のミニマムな財布といってもいいシンプルな構造なのに、使い勝手に無理がない。まるで名刺入れのような外観なのに、財布としての機能をフルに備えている

エムピウといえば、現在の、財布そのもののイノベーションを最初に提示した名作「millefoglie(ミッレフォッリエ)」のメーカーとして有名だけれど、他の製品もとても良い物が多い。特に、今回紹介する「straccio(ストラッチョ)」は、個人的にミニマムな財布の最高峰ではないかと思っている。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
大手ジムが「有料オンラインレッスン」に注力する理
日経クロストレンド
吉野家をV字回復させた敏腕マーケター ヒットの法則
日経クロストレンド
ANAも参入 「5G+分身ロボット」でビジネス変革
日経クロストレンド
誠品生活の実力 「世界で最もクールな百貨店」の正体
ALL CHANNEL