ハリウッド俳優のギャラ アベンジャーズ勢が上位占拠

日経エンタテインメント!

ハリウッドの俳優のギャラ(出演料)はどのくらいなのか。映画業界誌『バラエティ』『ハリウッド・レポーター』や映画情報サイト「IMDB.com」に掲載されている新作、もしくは過去1~3年の出演作のギャラを基に男優と女優に分けてランキング化した。

映画業界誌『バラエティ』などの情報を基にランキング化。ギャラの推定値が「●ドル~●ドル」と幅がある場合は高い金額を掲載した。1ドル=108円で換算

映画1本あたりの出演料が最も高い男優はロバート・ダウニー・Jr.。2018年公開の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で手にした7500万ドルだ。映画会社は、主演映画が世界的なヒットを見込める俳優に高額なギャラを支払う。彼の場合、『アイアンマン』『アベンジャーズ』シリーズに長年出演しており、大ヒットを連発してきた実績がある。『インフィニティ・ウォー』のギャラはボーナスを含めてのもの。ハリウッド・レポーターは「『アベンジャーズ』のギャラには、世界興収が15億ドルを超えるとボーナスが発生する」と報じている(『インフィニティ・ウォー』の世界興収は20億4800万ドル)。

4月に公開された新作『エンドゲーム』も同様の契約と推測されるが、公開中でボーナスが未確定のため、ギャラランキングの対象外となったようだ。『エンドゲーム』の世界興収は27億8000万ドルを突破し、『インフィニティ・ウォー』を7億ドル以上も上回っている。ギャラも上回る可能性は十分だ。

ダウニー・Jr.以外にも『アベンジャーズ』出演俳優は高額なギャラを手にしており、キャプテン・アメリカ役のクリス・エバンスと、ソー役のクリス・ヘムズワースがそれぞれ2000万ドルだ。2人ともマーベル映画に出演する際に、自身の主演作や『アベンジャーズ』シリーズなど5本の出演契約を結んだ(特別出演は除く)。金額は不明だが、最初の契約では2人に興行的な実績がなかったため、低額だったと推測される。『インフィニティ・ウォー』『エンドゲーム』の出演にあたり新たな契約を結び直し、ギャラが高額となった。

動画配信映画が高額ギャラ

男優2位はライアン・レイノルズ。動画配信サービスのネットフリックスがマイケル・ベイ監督で製作したアクション映画『6アンダーグラウンド』(19年配信予定)で2700万ドルを得た。

ネットフリックスが高額なギャラを支払うのには理由がある。映画会社がギャラを算出する際は、劇場公開時の収益に加えて、ブルーレイ・DVD販売やテレビ放映、動画配信による収益を総合的に判断する。人気スターともなるとヒット度合に応じてボーナスを加算することもある。だが、ネットフリックス映画は通常劇場公開されないため、この算出方法が成り立たない。そこで映画会社のギャラよりもやや高めに設定しているようだ。レイノルズは『デッドプール』(16年)では200万ドルといわれており、ここ3年で10倍以上に高騰した。

4位のアダム・サンドラーが手にした2000万ドルもネットフリックス映画『マーダー・ミステリー』だ。サンドラーは90年代後半から10年代前半にかけてはヒット作を連発し、ギャラも高額になっていたが、近年はヒット作に恵まれなかった。だが、『マーダー・ミステリー』は6月14日から世界配信されて、初日3日間で3086万人が視聴し、同社のオリジナル映画としては史上最高を記録した。高額ギャラの成果はあったようだ。

エンタメ!連載記事一覧