目利きが選ぶ旬アイテム

ジョン スメドレー 新作ニットはふくよか体形の味方

2019/9/21

ジョン スメドレーの新シリーズのニットポロ(左、3万6000円)とタートルネック(右、3万3000円)

数ある衣装や小物の中から、その場にふさわしいアイテムを選び抜き、コーディネートを考えるのがスタイリストの仕事だ。そんな「目利き」が旬のファッションアイテムに焦点をあて、魅力を紹介する「旬アイテム」。スタイリスト、小林新氏が9月、取り上げるのはジョン スメドレーのニットウエア「Sweater(スウェーター)シリーズ」だ。




■老舗中の老舗、サイズスペックを根本から見直し

ジョン スメドレーといえば、英国のニットウエアブランドの老舗である。僕はこのブランドをかれこれ10年以上愛用している。創業が1784年というからもう230年以上の歴史を持つ。老舗中の老舗といっていいだろう。

長らく愛用しているワケは、品質の良さもさることながら、扱いやすい点も大きい。春夏コレクションで用いられる「シーアイランドコットン」は、シルクのような光沢とカシミヤのような肌触りを持つ高級天然素材としてよく知られる。そんな素材を使っていてもTシャツ同様に自宅でバシャバシャ洗濯できるので助かる。

肩のラインがやや落ち、全体に丸みを帯びたデザインのクルーネック。3万2000円

一方、秋冬コレクションに使用される「メリノウール」は、保温性や防臭力が高く、肌触りも滑らかだ。おまけにウール独特のチクチク感がない。

長い歴史を誇るブランドながら、毎シーズン新たな話題をふりまこうと努めている点も、多くのファッション関係者が注目するゆえんだろう。今回紹介するこの新シリーズもこの秋冬シーズン向けの新作として話題の商品の一つだ。

ジョン スメドレーといえば、ふくよかな体形の人にはやや着こなすのが難しいブランドとされてきた。ところが今回のシリーズは、サイズスペックを根本から見直し、ぜい肉がついた中年男性のワガママボディーをも優しく包み込んでくれるアイテムに仕上がっている。ジャストフィットからゆったりビッグサイズへとシフトする昨今のメンズファッション界のトレンドとも合致する。

Latest