髪乾かすと艶や潤い シャープも新作、ドライヤー5選

一般的なドライヤーはノーズ部分にヒーターが搭載されているが、本製品はヒーターを円形モーター上に配置することでノズルが不要に。送風口と髪までの距離が近いため髪が乾かしやすいという。

ノーズがないため、髪に近づけられ、取り回しもラクに

風質や風量、風温にもこだわった。遠赤外線の温熱効果に着目し、吹き出し口にはセラミックカートリッジを搭載。ヒーター線もセラミックコーティングを施した「デュアル遠赤外線」仕様を採用した。風温は最高温度を85度に抑えつつ、大風量と遠赤外線により速乾性も確保しているという。

音波振動と遠赤外線で頭皮をケア ヤーマン

ヤーマンの「スカルプドライヤー プロ」。直販価格2万4200円

理美容機器専門メーカー「ヤーマン」のドライヤー「スカルプドライヤー」シリーズは、髪を乾かしながら頭皮ケアもできる機能を備える。シリコン製の「スカルプヘッド」を装着し、「温感スカルプモード」で直接頭皮に当てることで、毎分約3700回の音波振動が頭皮の弾力を向上させ、美容成分や育毛成分の浸透をサポートするという。

頭皮に当てやすいように、指をかけるサイドグリップも用意した

遠赤外線機能も搭載。遠赤外線は髪の水分に吸収されると熱に変わるため、約60度の低温風で乾かす「ヘアケアドライモード」でも速乾を実現し、温感スカルプモードでも頭皮ケアを促すという。8月に登場した新モデル「スカルプドライヤー プロ」は、コームの先から伝わる振動で髪を立ち上げ、つやのある髪に導くという新アタッチメント「ツヤブラシ」を搭載している。

田中真紀子
白物家電・美容家電を中心に、暮らしにまつわるモノやコトを幅広く取材、執筆するフリーライター。リアルな主婦目線で、日々の家事が楽しく快適になる家電の取り入れ方を積極的に発信する。
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧