60畳まで対応の床拭きロボット ルンバとも連係可能

日経トレンディ

アイロボットジャパン「ブラーバ ジェットm6」
アイロボットジャパン「ブラーバ ジェットm6」
日経トレンディ

注目の新製品や新サービスをピックアップ、市場性や開発者の声などから、日経トレンディ記者が大胆に「ヒット予報」をする。今回取り上げたのは、アイロボットジャパンのロボット掃除機「ブラーバ ジェットm6」だ。

◇  ◇  ◇

アイロボットジャパン「ブラーバ ジェットm6」 
●実勢価格/6万9880円(税別) 
●サイズ・重さ/幅270×高さ90×奥行き252mm・2.2kg 
●最大稼働面積/約60畳 
●充電時間/約3時間 
●発売日/7月26日 

「ルンバ」でロボット掃除機のトップシェアを握るアイロボットジャパン(東京・千代田)が、「床拭きロボット」の上位機を投入した。新機種の「ブラーバ ジェットm6」は、外出先からの遠隔操作機能や、家全体の「間取り図」を描いて効率的に拭き掃除をする機能を搭載。いずれも、最近のロボット掃除機の上位機が売りにしている機能だ。

前モデルの「ブラーバ ジェット240」と比べると幅は92mm、奥行きは82mm大きい

上部にカメラセンサーを搭載し、最初の数回の走行で部屋の形状や家具の位置などを記憶。その後は「キッチンの床だけを拭く」といったエリアごとの指定ができる。また水拭き用の水タンクの容量が増え、水拭き可能な広さが60畳と、従来機の12~20畳から3倍以上に増えた。ロボット掃除機のルンバi7と組み合わせれば「ごみを吸った後に床拭きで仕上げる」といった連係も可能だ。

まずルンバi7がごみを吸引。終了後、自動的にブラーバ ジェットm6が拭き上げる

水拭き用とから拭き用の2種類のクリーニングパッドがあり、装着すると自動的に動作モードが切り替わる。付属の2枚のパッド(水拭き用、から拭き用)は洗濯して繰り返し使える。この他、使い捨てパッド(7枚950円、税込み)を選ぶこともできる。

「ルンバi7」があれば、同じスマホアプリで連係を設定できる
水タンクは取り外しができ、容量は約450mL。オプションの洗剤を入れることも可能

水拭きすれば、掃除機では難しい皮脂などの汚れも落ちる。掃除機をかけた後のフローリング上で水拭きをしてみたところ、使い捨てのパッドが黒くなるほど汚れが取れた。フローリング上で素足で過ごすことが多い人には、欠かせない存在になりそうだ。

ヒット予報
都市部はフローリングのみの住宅が増えており、潜在需要はロボット掃除機に迫る。家中を1台で掃除できるようになったのは大きい。同社によれば、ロボット掃除機を含めた機種別シェアでトップ5に入るなど好調。

(注)「ブラーバ ジェットm6」は、ルンバ900シリーズとも19年内には連係可能になる。

[日経トレンディ2019年10月号の記事を再構成]

「マーケ・デジタル戦略」が分かるデジタルメディア、日経クロストレンド

「日経クロストレンド」では「P&Gマフィア」「AIを使ったリアル店舗の逆襲」「クルマ・鉄道を変えるモビリティ革命『MaaS』」「中国ネット企業の実情」など、次の時代を予見するマーケティング・デジタル戦略の特集記事を毎月たっぷりお届け。マーケ担当者に加えて、経営者・役員やIT担当者など、幅広い層に読んでいただいています。


MONO TRENDY連載記事一覧