ジャケットスタイルを新鮮に 目からうろこのヒント集

MEN’S EX

2019/9/18

[ QUESTION 05 ]
ジャケットと好相性なチーフは?

〈 ANSWER 〉
“今”の表現にレトロプリントを

スーツより色柄チーフが映える点もジャケットスタイルならでは。中でも注目したいのはレトロな幾何学系のプリントだ。一見個性が強そうだが、実際挿すと程よい塩梅。挿し方で様々な表情に見えるのも魅力。 左:4500円/アーディ&シー 1956 ミラノ(インターブリッジ) 右、右下:各6300円/フィオリオ(シップス 銀座店)

チーフは 上の左と同じ。ジャケット4万9000円/エトネ(ユニバーサルランゲージ 渋谷店)

――Next Trend――
“チーフなし”も時には正解

スーツには基本的にチーフがつきものだが、ジャケットの場合はチーフなしも間違いではない。ミニマル感を強調したい場合に効果的だ。

[ QUESTION 06 ]
ノータイ時、首元が寂しい

〈 ANSWER 〉
ネッカチーフをチラ見せが効果的

二ット+ジャケットの装いでは襟がないぶん首元が寂しくなりがち。そこで、“襟の代わり”の感覚でネッカチーフを覗かせるとバランスが取れる。 ネッカチーフ7200円/ヴィンセンツォ ミオッツォ(ビームス 六本木ヒルズ) ジャケット37万5000円/ベルヴェスト(八木通商) ニット3万9000円/フェデッリ(トレメッツォ)

[ QUESTION 07 ]
靴は何を合わせる?

〈 ANSWER 〉
この3型が旬

[左]ベルジャンシューズ、[中]シングルモンク、[右]タッセルローファー

紐靴もアリだが、より軽快でスマートに見せるなら紐無しを推奨。目新しさならシングルモンクやベルジャンシューズもよい。 左:8万4000円/ボードイン アンド ランジ(オカベ アンド パートナーズ) 中:11万円/ヒデタカ フカヤ(トゥモローランド) 右:7万9000円/クロケット&ジョーンズ(グリフィンインターナショナル)

[ QUESTION 08 ]
時計のチョイスは?

〈 ANSWER 〉
“ドレスなクロノ”がちょうどいい塩梅

2針・3針のフォーマルウォッチでも無論OKだが、ジャケパン用にもう少し装飾のある時計を持っておくと装いにグッと幅が出る。タイドアップにもノータイにも映えるちょうどいいバランスなのは、ドレス感のあるクロノグラフ。サイズも大きすぎないものが万能に使える。 時計63万5000円/IWC(IWC)その他〈スタイリスト私物〉

※表示価格は税抜きです。

撮影=野口貴司(San・Drago)、若林武志、仁木岳彦、鈴木泰之、伏見早織、武蔵俊介 スタイリング=四方敬章、武内雅英(CODE)、宮崎 司(CODE) ヘアメイク=松本 順(辻事務所) 構成・文=小曽根広光 文=吉田 巌(十万馬力)、秦 大輔、礒村真介

MEN'S EX

[MEN’S EX 2019年10月号の記事を再構成]

注目記事
今こそ始める学び特集