powered by 大人のレストランガイド

日本酒100種をセルフで飲み比べ 訪日客の人気店に世界で急増!日本酒LOVE(13)

KURAND SAKE MARKET渋谷店のイベントでは店員も客も英語で会話
KURAND SAKE MARKET渋谷店のイベントでは店員も客も英語で会話

日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET」(クランド サケ マーケット、以下KURAND)は100種類の日本酒をセルフサービスで自由に飲み比べできる店として知られる。都内に7店舗展開、普段飲むことのできない小さな蔵元50~60カ所の酒を豊富にそろえ、客が自分で冷蔵庫から酒を取り出して、自由に好きなだけ味わうことができるのだ。自由さが受け、店は日本人だけでなく外国人客も目立つ。

料金は時間無制限で税込み3240円。平日30分の場合は1080円(税込み)、平日90分と週末の昼飲み(時間無制限)は2160円(同)。酒のさかなはミックスナッツや煮玉子など10~20種類(200円~、税込み)そろえているが、料理の持ち込みや近隣からのデリバリーも可能。店内には貸出用のまな板や包丁、電子レンジまで置いてある。

本来なら蔵元でしか味わうことができない新鮮な酒を専用サーバーで提供したり、「酒燗(かん)器」も設置して自分でお燗できるので、色々な温度帯で楽しめる。店オリジナルのブレンドだしを店の酒に加えて楽しむ「出汁(だし)割り」にもトライできる。

酒がそれほど強くない人にはウーロン茶やカルピスなどと割った「ソフトドリリンク割り」を提案。大吟醸ハイボールや日本酒カクテル、日本酒アイスまでラインアップし、日本酒に関して様々な味わいを体験できるテイスティングバーだ。

スタッフ(左)の日本酒解説に外国人客も興味津々

同店は「セルフで好きなだけ自由にカジュアルに」というスタイルが日本に住む外国人や訪日外国人客に人気だ。渋谷店では客の20~30%は外国人が占めているという。

「海外で日本酒を楽しむとなると、輸送コストや関税がかかるのでどうしても高くなってしまいます。日本酒は海外では高級酒の一つですが、KURANDでは時間無制限で飲み放題でリーズナブル。酒の飲み比べを存分に楽しむための自由空間が外国人に好評なのです」と同店を経営しているリカー・イノベーションのプロモーションプランナーの辻本翔さんは語る。

同社では「KURAND」店舗の運営に加え、蔵元と一緒にオリジナル酒を開発して販売するオンラインストアも運営する。毎月2980円(税別)で日本酒1本(720ミリリットル)とその土地の酒のさかなや情報誌などが届く日本酒の頒布会サービスや、飲食店への日本酒卸し事業なども手がける。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド