ノートや付箋で効率アップ 会議で差が付く文具5選

日経doors

会議で差が付く文具5選
会議で差が付く文具5選
日経doors

文具ソムリエールの菅未里さんが、働く女性にとって役に立つ、とっておきの文具を紹介。今回取り上げるのは「後で振り返ったときに見やすくまとめられるノート」「ノック音が小さく、会議の妨げにならないボールペン」「片手ではがせる付箋」「インデックスとして使える付箋」「移動に便利なミーティングバッグ」の5アイテム。いずれも会議で差が付く文具です。

3分割ノートで「会議記録」が「情報」に

もっとも基本的な文具であるノートにも、機能性を重視した特別なものがあります。たとえば、学研ステイフル「時間上手ステーショナリー」シリーズのノート(税込み756円)は、米国の「コーネルメソッド」にのっとった特殊なレイアウトを採用しています。

コーネルメソッドとはノートのページを3つのスペースに分割する方法のことで、コーネル大学で開発されたためこの名がつきました。会議の内容全般を書き込む「ノートエリア」が最も広いのですが、他に、気になるキーワードを書き留める「キーワードエリア」と要点を書き込む「サマリーエリア」も用意されています。

会議内容を振り返ったときに、すぐに頭に入る

会議内容はノートエリアに、会議中の重要な単語やチェックすべき言葉はキーワードエリアに、要点はサマリーエリアに書き込めば、後々見返した時にすぐに内容が頭に入ります。コーネルメソッドを採用したノートは学生向けが多かったのですが、時間上手ステーショナリーのノートは働く女性向けです。デザインもおしゃれで、バッグに入るA5サイズ。効率性だけではなく、美しさも併せ持つノートです。

ノック音にこだわったボールペン

筆記具にもこだわってください。スイスの老舗カランダッシュのボールペン「849」(税込み3564円~7560円)はキャップ式よりも素早く筆記に入れるノック式なのですが、ノック音が小さいのが特徴です。書こうと思ったらすぐに芯を出せるのがノック式の強みですが、会議中にカチカチ音は避けたいもの。カランダッシュ849ならば気になることはないでしょう。定番カラーに加えて定期的に発売される限定モデルも魅力的で集めたくなりますよ。

カラーバリエーションが豊富。写真のペンはネスプレッソコラボモデル