女性

ヘルス

消える「お守りホルモン」 閉経後、元気に過ごすには

日経ARIA

2019/9/5

閉経後はさまざまな病気のリスクが増えていく(写真はイメージ=PIXTA)
日経ARIA

カラダが大きく変化して次のステージが始まる更年期。閉経するとエストロゲンという「お守りホルモン」がなくなり、病気のリスクも高まり、「日ごろの生活習慣の積み重ねで大きな差が生まれる」といいます。「イーク表参道」副院長で産婦人科医の高尾美穂さんに聞きました。元気に動ける70代を迎えるために今できることは?

■閉経後は病気のリスクが増える

―― 閉経を迎えれば毎月の煩わしい生理もなくなるわけですよね。更年期のホルモン変動さえ乗り切れば、その後はむしろ過ごしやすくなるのではないでしょうか?

高尾美穂さん(以下、敬称略) 確かに生理はなくなる分、ラクかもしれませんが、閉経後はさまざまな病気のリスクが増えるんです。卵巣から分泌されるエストロゲンは妊娠や出産に関わるだけでなく、女性のカラダを守る「お守り」のような存在。閉経後の女性は、骨や血管の病気のリスクが高まります。

カラダを守ってきてくれたお守りホルモンがなくなった後は…(写真はイメージ=PIXTA)

よく知られるのが骨粗しょう症です。肌と同じように骨も新陳代謝で生まれ変わりますが、エストロゲンは骨吸収(古くなった骨を壊す働き)を緩やかにして骨からカルシウムが溶け出すのを抑制しています。だから、骨吸収と骨形成(新しい骨をつくる働き)のバランスが取れて丈夫な骨でいられるんですね。しかし、エストロゲンが分泌されなくなると、骨吸収の働きのほうが盛んになり骨密度が低下。ちょっとした転倒が骨折につながりやすくなります。

エストロゲンには血管のしなやかさを保つ働きもあります。男性は高脂血症・動脈硬化・高血圧といった心血管系疾患が年齢とともに増加しますが、女性はエストロゲンが分泌されている間はこれらの病気のリスクがかなり低く抑えられています。しかし、閉経後には男性並みに病気のリスクが高まるんです。

女性 新着記事

ALL CHANNEL