ファンの後押し、地方にカフェ 学生起業は出会い次第地方で起業するという選択肢(3)

地方創生会議ファウンダー 小幡和輝

地方創生会議ファウンダー 小幡和輝

小幡和輝です。前回の記事「ヒッチハイクみたいに声かけた 学生起業家の仲間集め」ではWebサービスでの学生起業の話を絡めた、仲間集めについて書かせていただきました。

学生起業といえばWebサービスが主流ではありますが、インターネット時代だからこそリアルのコミュニティーの重要性が上がっているように感じます。

実は僕も一番はじめに立ち上げた事業はカフェの経営です。BARの昼間の時間をお借りして、不定期カフェを営業していました。

オンラインで気軽に誰かとつながれる時代だからこそ、リアルの価値が上がっているように感じます。

しかし、店舗を借りるためのお金であったり、固定費であったり、店舗ビジネスのハードルは非常に高いです。成功確率を上げるためにはどんなことが必要でしょうか。

今回、お話を聞いたのは東北芸術工科大学に在学中で、山形県でコーヒースタンド「Day&Coffee」を開業した北嶋孝祐さんです。

コーヒースタンド「Day&Coffee」を開業した北嶋孝祐さん

――オープンしたのはつい最近ですよね。おめでとうございます。

(北嶋)ありがとうございます。今年の6月6日にプレオープンしたばかりですが、思っていたよりお客さんが来てくれてとてもありがたいです。近くのおじいちゃん、おばあちゃんや若いサラリーマンなど、多種多様な方が来てくださっています。

――店舗を持つと固定費や初期投資が結構かかりますよね。怖さとかはなかったですか?

(北嶋)立ち上げるときにクラウドファンディングを立ち上げたのですが、それが大きかったと思っています。開業資金としても大きかったですし、あと支援してくれた人への返礼品はお店に来てもらって使えるものを多くしたんです。なので、支援してくれた方が直接お店に来てくれるようになって、そこからじわじわと広がってきているように感じます。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ