夏に強まる体の「サビ臭」 たっぷり野菜と睡眠で撃退ストレス解消のルール(11)

日経Gooday

写真はイメージ=(c)liza5450-123RF
写真はイメージ=(c)liza5450-123RF
日経Gooday(グッデイ)

暑くなると「ニオイ」が気にならないだろうか。人のニオイは印象を大きく左右する。それだけに、自分のニオイを気にしすぎる「ニオイストレス」に陥るビジネスパーソンも少なくないようだ。特に夏は、ニオイを体内で発生・放出・感知しやすいという三悪条件がそろう「体臭シーズン」だ。そして、その夏に、汗のニオイと並んで強まりやすいのが「サビ臭」。皮脂の酸化(サビ)によって生じる古い油のようなニオイだ。対人関係のキーになるニオイストレスから解放されるためのルールを、健康ジャーナリストの結城未来が五味クリニック(東京・新宿)の五味常明院長に教わった。

◇  ◇  ◇

先日、初めて仕事をすることになったA氏の印象を同僚たちに聞いてみた。すると、「あぁ、近づいてくるとニオイで分かる人ね」「A氏がいなくなっても、しばらくニオイが残る」「夏は特にキツイ」と、A氏がまとっている強い香水の香りについてのコメントばかりが飛び出し、働きぶりについてはいっこうに聞き出すことができなかった。A氏は40代後半。自分のニオイを気にしすぎて、強い香水の香りに頼っているようだ。人のフリ見て我がフリ直せ。こうなると、自分も周りの空気を汚していないかと気になってしまう。

蒸し暑くなるとニオイが気になるのはなぜ?

――五味院長「加齢臭は通常40代から目立ち始めますから、その人も気にしているのでしょうね。ただ、夏は、若い人でもニオイが気になると思いますよ」

なぜ、この時期、ニオイが気になるのだろうか? そういえば、先日、地下鉄の通路を歩いていたら、いつも通る場所にもかかわらずニオイが気になって仕方なかった。生ゴミのニオイも、冬よりは夏のほうが断然気になる。

――五味院長「高温多湿になると、ニオイを強く感じるようになるんです。冷凍したものは臭いませんよね?ニオイ分子は気温が上昇すると拡散しやすくなります。湿度が上がると水の分子と一緒になることでさらに空中を飛びやすくなるので、鼻の中にも飛び込んできやすいのです」

やはりこの時期、ニオイが気になるのは気のせいではなかったようだ。

――五味院長「ただでさえ、暑い時期は皮膚上の雑菌が繁殖しやすく、汗のニオイが強くなる時期です。この汗臭さに皮脂腺からの『サビ臭』がプラスされたら、イエローカードですね」

「サビ臭」!? 極めて悪そうな響きだ。

――五味院長「悪いですよ。人の体は、活性酸素による酸化ストレスによって『サビ』ついていきます[注1]。その影響で出るニオイだから私はこれを『サビ臭』と呼んでいます。つまり、サビ臭は体が酸化したニオイなんです……。古くなった食用油は酸化して臭くなりますよね。人間も同じなんです。人間の皮膚は『皮脂』によって潤いを保っていますが、体内から出てくる脂も酸化すれば、古い油のようなニオイになるのです。加齢臭もサビ臭の一つ。このニオイは、体からの警告サインでもあります」

夏は「サビ臭」が生じる条件だらけ

自分が古い油のニオイをさせている可能性があるとは、ショックだ。これが警告のサインとは、どういうことだろうか?

[注1]活性酸素の産生が、その傷害から体を守る抗酸化防御機構を上回った状態のこと

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント