打ち合わせで自分が書きたいけど書けないような内容の歌詞を書いてほしいとお願いをして書いてもらいました。デビューしたばかりの20代は好き放題書いていたけど、大人になるにつれファンを裏切りたくない、人を傷つけたくないと、いつの間にか言葉を選ぶようになっていたんですよね。その壁を壊すのも目的だったから、あいみょんちゃんにお願いしてよかったです。

コラボレーションはある意味、闘いでもあるから、それがいいほうに向かったときはすごく力強いパワーが生まれます。新しいものに触れつつ、自分を再確認できた良い体験でしたね。尊敬する先輩であるCharaさんともまたご一緒できました。今の自分だから自分より若い世代とも、先輩方とも違和感なく音楽を鳴らせるのかなと思うんです。

新作アルバム「いちご」の1曲目「Continue」はあいみょんさんが作詞・作曲。若手が出てくるたびに、「私ももっと頑張らなきゃ」と思っていたのが、最近、「もっと自由にやればいい」と気付いたという

「誰かのため」よりまず「自分のため」

音楽を取り巻く環境がどんどん目まぐるしく変わっている中で、「こうじゃなきゃいけない」って頭を固めてしまうと、ついていけなくなると思うんです。私は歌が命で、ネガティブな感情も歌詞に書き、歌として吐き出すことで自分を保っていられます。歌いたいからこそ、どんどん変わっていくというか……それが私には必要なのかなと。絵本を描いたのもその表れの一つです。

だからといって、やりたくないことはやらないという勇気も持ちたいですね。大人になり責任感が増すと、「誰かのために」と思ってやることもあります。それを、今一度シンプルに「自分のために、やりたいことをやる」。そうやって作ったものが結果として、たくさんの人にも届くんじゃないかなって思うんです。

木村カエラ
2004年6月にシングル「Level 42」でメジャーデビュー。13年、自身が代表を務めるプライベートレーベルELAを設立。14年、メジャーデビュー10周年を迎え、ベストアルバム「10years」、8枚目となるオリジナルアルバム「MIETA」をリリース。同年10月、横浜アリーナ2days公演を成功させた。18年4月初の絵本「ねむとココロ」を出版。19年6月23日にデビュー15周年を迎え、日比谷野外大音楽堂でアニバーサリー公演を開催した。10月から木村カエラLIVE 2019全国「いちご狩り」ツアーで全国8都市でライブを開催する。

「いちご」 

通常盤(CDのみ) 3000円、初回限定盤(CD+DVD) 3700円(ともに税別)。写真は通常盤

2年9カ月ぶりとなるオリジナルアルバム。「セレンディピティ」(ダイハツ キャスト「My Favorite」編CMソング)、「BREAKER」(映画「ペット2」イメージソング)などを含む全11曲。タイトル曲「いちご」は、自らが作詞作曲を手掛けた優しいスローナンバー。

(文 橘川有子、写真 藤本和史)