都心の工房で生乳から手作り チーズ専門店が続々

「東京で採れた生乳で作ったチーズが食べられる。ここまで新鮮なチーズはなかなか食べられない」と、チーズスタンド広報の今井未央さんは強調する。「欧州ではチーズを食べるのは当たり前。店には日本でもチーズをもっと身近に感じてほしいというオーナーの思いが詰まっている」(今井さん)

出来たてのモッツァレラも食べられる(グッドスプーンみなとみらい店)

横浜市の「グッドスプーン」は、横浜高速鉄道みなとみらい駅から徒歩10分余りにある。店は海に面しており、眺めもいい。

こちらも店内に工房を併設する。毎朝8時ごろから作っている。自家製フレッシュチーズは、驚くことに、食べ放題。リコッタやクリームチーズなど5種類ほどが味わえる。おまけにサラダやパンも食べ放題とあって、チーズと一緒に楽しむ人が多いという。

店舗を運営するカームデザインの夏木拓郎マネージャーのお薦めが、ブッラータをのせたボロネーゼ。「これを目当てに来店する人も少なくない」というパスタ料理だ。

運ばれてきたパスタは迫力満点。ブッラータにナイフを入れると、クリームがあふれ出す。「インスタ映え」しそうと、思わずスマホで撮影した。

見た目だけでなく、味も文句なしだ。しっかりとした味付けのボロネーゼに、流れ出たチーズがソースのように絡みマイルドな味わいになる。これを目当てに訪れる人の気持ちがわかる。

ブッラータを切ると中からチーズがあふれ出してくる(グッドスプーンみなとみらい店)

姉妹で来店していた主婦2人組は「こんなにおいしいチーズを食べたのは初めて。クセが無くて、いくらでも食べられる」と、幸せそう。いろいろなタイプの食べ比べもできるとあって、チーズ好きにはたまらない店だろう。

取材を進める中、フレッシュチーズは自作もできると耳にした。ならば、店で味わうだけではなく、自作に挑んでみたいという野望が湧いてきた。20代半ばの独身男性記者とあって料理には不慣れだが、スーパーに走り、牛乳と生クリーム、レモンを買い込んだ。鍋など調理に必要そうなものがそろう知人の家に向かった。

今回手作りに挑んだのはリコッタ。ネットで調べるとレシピ(作り方)が載っている。一番手軽に作れそうだ。レシピ通りに作ってみた。牛乳と生クリームを、適当な鍋に入れて火にかけた。レモン汁を加えると、ホエイと乳脂肪分が分離してくる。それをガーゼでこして水気を切って完成だ。調理時間は30分ほど。思っていたよりも簡単だ。

できあがったチーズは、見た目はできそこないの豆腐のようだ。水分が多いためしっとりしている。そのまま食べると、あっさりしていて牛乳の味わいが強く感じられる。店で食べたリコッタには到底及ばないが、いける。手軽にフレッシュチーズを食べたいという人には、自作もお薦めだ。

不安そうに見守っていた知人にも試食してもらった。パンにのせてハチミツをつけて食べると「スイーツみたい」と大絶賛。「最初はできるかハラハラしていたが、最後は本当にチーズになって驚いた」

日本ではまだまだ珍しい工房併設のフレッシュチーズ専門店。写真映えして見た目も楽しめる。熟成チーズと違いミルキーさも魅力の一つだ。これまでは輸入品でしか食べられなかった珍しいチーズも気軽に食べられる機会が増えるかもしれない。

(嶋田航斗)

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧